太田三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 三郎(おおた さぶろう、1909年10月10日 - 1976年10月11日)は、英文学者、比較文学者。

朝鮮釜山出身。1934年東北帝国大学英語英文科卒、戦後、東京工業大学助教授、教授、1966年千葉大学教授。73年定年退官。1948年、中島健蔵福田陸太郎とともに日本比較文学会を設立、幹事を務め、国際比較文学会に出席した。

著書[編集]

  • 『日露樺太外交戦』興文社 1941
  • 『比較文学 概念と研究例』研究社出版, 1955
  • 『叛逆の芸術家 世界のボヘミアン=サダキチの生涯』東京美術 1972
  • 『英米文学 作品の解釈と批評』清水弘文堂 1976
  • 『近代作家と西欧』清水弘文社 1977

共編[編集]

  • 世界文学事典 中島健蔵 河出文庫, 1955
  • 日本文学現代名作事典 成瀬正勝,木俣修 矢島書房, 1955
  • 比較文学講座 1-4 中島健蔵,福田陸太郎 清水弘文堂書房, 1971-74

翻訳[編集]

  • ロケット航空工学 E.ゼンゲル 柏葉書院, 1944
  • エレクトロン ロバート・A.ミリカン 石田田人共訳 彰国社, 1950
  • 海賊 バイロン 岩波文庫, 1952
  • ハーン文学論集 第1-2 河出書房, 1952-53
  • 幻想を追う女 トマス・ハーディ 八木隅雄共訳 河出文庫, 1954
  • 侯爵夫人の恋 トマス・ハーディ 林信行共訳 河出文庫, 1955
  • 世界文学全集 緋文字 ナサニエル・ホーソーン 河出書房新社 1959
  • 文学の理論 ルネ・ウェレック,A.ウォーレン 筑摩叢書, 1967