太平洋美術会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太平洋画会から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人太平洋美術会(たいへいようびじゅつかい)は、日本の美術団体。洋画・彫刻・版画・染織の各部がある。前身は「太平洋画会」である。

沿革[編集]

1889年小山正太郎浅井忠らによって結成された明治美術会は、白馬会の独立などで勢力が衰え、1901年に解散したが、ヨーロッパから帰国した同会の新進作家、吉田博満谷国四郎中川八郎丸山晩霞有吉秀太永地秀太) らを中心に、石川寅治都鳥英喜大下藤次郎渡部審也 らが会務委員となり、明治美術会の後身として「太平洋画会」が結成された。

1902年1月、第1回展を上野公園5号館で開催する[1]。第2回展は、小杉未醒石井柏亭高村真夫らが出品。第3回展は、フランス留学から1904年に帰国した鹿子木孟郎が出品。第5回展には、フランス留学から1905年に帰国した中村不折が出品するに及んで、白馬会に対する洋画界の二大潮流を形成するに至った。

当初は、鹿子木や不折が師事したジャン・ポール・ローランスのアカデミックな画風で、白馬会系の外光表現と対照された。

1957年、「太平洋美術会」と改称。1975年には社団法人化した。

太平洋画会研究所[編集]

1904年、太平洋画会研究所を開設[1]して、後進の育成も行った(1929年、「太平洋美術学校」と改称[1]、初代校長は中村不折)。戦災を受けた後、1957年に再開し、現在は太平洋画会研究所として続いている。初期の生徒としては川上凉花・川村信雄・萬鐵五郎・三並花弟・松村巽など。

会員[編集]

元幹部など[編集]

参考文献[編集]

  • 高橋虎之助編、「年表」 『創立三十年記念記録』 太平洋画会、1932年、27-30頁。 

脚注[編集]

外部リンク[編集]