浅賀正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅賀 正治(あさか まさじ、本名:浅賀正二、1953年 - )は、日本彫刻家(石彫家)、社団法人太平洋美術会会員、羽黒石材商工業協同組合会員、株式会社綜合美術工房代表取締役社長。山形県東田川郡藤島町(現・鶴岡市)出身で、茨城県桜川市在住。

経歴[編集]

  • 1953年山形県東田川郡藤島町(現・鶴岡市)に生まれる。
  • 1975年太平洋美術学校彫刻科に学ぶ。
  • 1976年、彫刻家・小金丸幾久に師事する。
  • 1985年、第7回「ブルガリアガブロヴォ国際ビエンナーレ」に出展し、金賞を受賞する。
  • 1986年、東京都品川区「非核平和都市品川宣言」1周年記念モニュメント「平和の誓い」を制作する。
  • 1987年、第8回「ブルガリア・ガブロヴォ国際ビエンナーレ」に出展し、入選する。
  • 1992年、岩瀬石彫展覧館「ROCK MUSEUM」(県博物館協会加盟)を主宰開館する。
    • 「市民のための石彫講座」を開始する。
  • 1994年、「アーティストインレジデンス―石彫千年の交感I」ジャティン・ヌリエフと2人展を開催する。
  • 1996年、「アーティストインレジデンス―石彫千年の交感II」シバトコ・シロマシキと2人展を開催する。
    • ジョラム・マリガ講演会 国際交流基金文化人招聘プログラムを開催する。
  • 1997年、茨城県より「茨城県国際交流奨励賞」を授与される。
  • 1998年、「アーティストインレジデンス―石彫千年の交感III」ミラン・アンドレエフと2人展を開催する。
  • 2000年、「アーティストインレジデンス―石彫千年の交感IV」イワン・ルセフと2人展を開催する。
  • 2001年、山形県鶴岡市渡前地区文教施設計画実現記念モニュメント「千年の船」を制作する。
    • 国立オリンピック記念青少年総合センター支援事業"親子で石彫刻"講座。
    • TVチャンピオン ― 千年のアート・全国石職人選手権 ―」(テレビ東京放送日:6月14日)に出場する。
    • 同番組の決勝ラウンドにて、巨大オブジェ「新島の夏の門」を制作する。
  • 2002年、「アーティストインレジデンス―石彫千年の交感V」スネジャナ・シメオノヴァと2人展を開催する。
  • 2003年、神奈川県大和市立大和小学校創立100周年記念モニュメント「きずな」を制作する。
  • 2004年、ブルガリア共和国を初訪問し、ブルガリアの石の街・イリデンツィ石彫制作する。
    • ブルガリア共和国・文化大臣と「石の街に石の学校構想」について会談する。
    • ブルガリア共和国・文化大臣より「ブルガリア共和国名誉証」を授与される。
  • 2005年、「アーティストインレジデンス―石彫千年の交感VI」ステファンルタコフと2人展を開催する。

モニュメント[編集]

  • 「千年の船」(山形県鶴岡市立渡前小学校
  • 「平和の誓い」(東京都品川区西大井駅前)
  • 「きずな」(神奈川県大和市立大和小学校)
  • 「石舞台」(桜川市総合運動公園)
  • 「新島の夏の門」(新島)
  • 「おもい-石にふれる-」(山形県山形市公園通り)
  • 「MOKKORI-もっこり」(茨城県桜川市岩瀬)
  • 奥野中央公園園名石(青森県青森市)
  • 「磯遊び」(茨城県東茨城郡大洗町大洗わくわく科学館広場)

受賞歴[編集]

  • 1985年、第7回「ブルガリア・ガブロボ国際ビエンナーレ」金賞受賞
  • 1987年、第8回「ブルガリア・ガブロボ国際ビエンナーレ」入選
  • 1997年、「茨城県国際交流奨励賞」受賞
  • 2001年、「TVチャンピオン ― 千年のアート・全国石職人選手権 ―」
    • 第1ラウンド「リビングを飾るストーン家具勝負」(「生活を彩る小動物」制作)第3位
    • 決勝ラウンド「新島の夏 巨大オブジェ勝負」(「新島の夏の門」制作)第3位
  • 2004年、「ブルガリア共和国名誉証」受賞
  • 2005年、 第21回「国際交流基金地球市民賞」受賞(個人受賞は日本人初)

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]