太平洋安全保障条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太平洋安全保障条約(たいへいようあんぜんほしょうじょうやく、英:Australia, New Zealand, United States Security Treaty)は、アメリカ合衆国オーストラリアニュージーランドの間で結ばれた軍事同盟集団安全保障に関する条約1951年9月調印。ANZUS(アンザス)と略される。

概説[編集]

アメリカとソビエト連邦が対立する冷戦構造が深まる中、アメリカは太平洋地域においても影響力を持って、アジア共産主義の拡大に対抗する道をとる必要に迫られた。一方、イギリスの旧植民地であり、独立後もイギリスの影響下にあったオーストラリアニュージーランドでは、第二次世界大戦後にイギリスの軍事的な影響力が低下したため、同じ価値観の資本主義国であるアメリカの軍事的な傘の元に入ることを望んだ。当初オーストラリアは、日本仮想敵国としてこの条約に期待したという。

当時、太平洋集団安全保障構想をめぐって東アジア諸国、アメリカの間で交渉が行われていたが、各国の思惑が足並み揃わず、実現されなかった。

ニュージーランドの防衛義務停止[編集]

オーストラリアが自国内で行われるイギリスの核実験を許可してきたのに対し、ニュージーランドは非核化を進め、1985年にはオーストラリアと共に南太平洋非核地帯条約(ラロトンガ条約)に加盟したばかりか、更に核兵器搭載艦艇の寄港も拒否したため、アメリカはニュージーランドの防衛義務を停止した。

このため当3カ国条約は、現在では事実上、ほぼ米豪間のみの同盟条約となっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]