天鳳名人戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天鳳名人戦(てんほうめいじんせん)は、オンライン麻雀天鳳」において、年間を通して行われるタイトル戦。毎年、天鳳位を始めとする天鳳の強者と強豪プロ雀士、計12名が全11節(第四期までは計8名・全10節)にわたって、戦いを繰り広げる。また、対局は全て麻雀スリアロチャンネルにおいて生配信され、配信では毎回2名のプロ雀士をゲストに招いての解説と実況(担当は小林未沙)が行われる。

基本ルール[編集]

  • 4人打ち東南戦、喰い断アリ、赤牌は3枚(五萬/五筒/五索に各1枚・ドラ扱い)、サドンデスなし
  • 30,000点持ちの30,000点返し
  • 順位ウマは後述(年によって、変動する。)
  • 点数がマイナスで飛び終了、マイナス点数も集計
  • 切り上げ満貫は採用しない。30符4翻は、子が7700点・親が11600点。
  • 点数は100点単位で集計し、1000点を+1とする。(第二期までは、小数点以下は四捨五入)
  • 親は聴牌連荘流局時に親の手牌が聴牌形であれば、自動的に連荘。
  • 形式聴牌あり。5枚目を待つ聴牌あり打牌選択可能な手牌で4枚使用している牌を除く)。
  • ラス親トップの自動和了り止め、自動聴牌止めあり
  • 終了時の供託はトップ取り
  • 終了時に同点の場合は東1局の風順で順位を決定
  • 連風牌は4符、嶺上ツモも2符加算
  • 2飜縛りなし、常に1飜縛り
  • 途中流局九種九牌/四家立直/三家和了/四槓散了/四風連打)あり。すべて連荘。
  • 流し満貫あり。聴牌清算を満貫清算に代替。親の聴牌で連荘。自分の河が鳴かれていない場合に成立。自分が鳴いた場合でも成立。
  • ダブロンあり。積み棒/供託は上家取り。和了者に親が含まれれば連荘。
  • 大三元/大四喜パオあり。複合役満を含む得点を、ツモ=全額・ロン=折半で支払う。積み棒は包。四槓子のパオはなし。
  • 国士無双暗槓和了なし。十三面待ちは、和了牌を一種でも切っていれば振聴。
  • 立直宣言は得点が1000点以上でツモ巡がある場合に可能。
  • 立直宣言牌で放銃した場合は供託料は発生しない。
  • 振聴立直あり。立直後の当たり牌見逃しは以降振聴。
  • 立直後の待ちが変わる暗槓不可、送り槓不可、牌姿が変わる暗槓あり
  • カンドラ/カン裏あり。カンドラは、暗槓は即乗り、明槓/加槓は後めくり(打牌または続く嶺上の直前)
  • 対局途中における、回線落ちは続行。
  • 無断欠場時のペナルティは、戦績ポイント▲100。(第六期より採用)
  • 各節ポイントは持ち越しとするが、八節終了時にポイントを半分(小数第2位切り上げ)にする(第十期にて採用)

対局者・対戦結果[編集]

第一期天鳳名人戦[編集]

キャッチフレーズは、「挑戦者を迎撃せよ 天鳳位の牙城を死守せよ」。2011年6月26日より、第1節がスタート。以後、月1節のペースで開催。

順位ウマ:30-10-▲10-▲30 (ちょうど0点のラスで▲60となる。)

対局者[編集]

対戦システム(第一期~第四期)[編集]

【第1節~第5節】(参加者:8名)

1節を4半荘とし、5節消化時点で上位6名が勝ち上がり。

【第6節~第8節】(参加者:6名)

1節を4半荘とし、8節消化時点で上位4名が勝ち上がり。

【第9節・第10節】(参加者:4名)

決勝(4半荘×2節)を行う。なお、決勝開始時までのトータルポイントは持ち越しとする。

対戦結果[編集]

第一期天鳳名人位:小林剛

順位 選手名 通算得点 平均得点 対局数 1位 2位 3位 4位 平均順位 備考
1位 小林剛 +289.0 +8.03 36 13 8 8 7 2.25
2位 鈴木たろう +279.0 +7.75 36 12 9 6 9 2.33
3位 福地誠 +170.0 +4.72 36 9 12 8 7 2.36
4位 (≧▽≦) +136.0 +3.78 36 9 10 13 4 2.33
5位 石橋伸洋 +23.0 +0.82 28 9 4 7 8 2.50 ※第8節で敗退
6位 須田良規 ▲286.0 ▲10.21 28 5 7 6 10 2.75 ※第8節で敗退
7位 多井隆晴 ▲273.0 ▲13.65 20 2 6 3 9 2.95 ※第5節で敗退
8位 ASAPIN ▲338.0 ▲16.90 20 1 4 9 6 3.00 ※第5節で敗退

第二期天鳳名人戦[編集]

キャッチフレーズは、「驕りを打ち砕け 誇りを取り戻せ」。2012年6月4日より、第1節がスタート。

今期から、ウマが「ラス時のマイナスが大きい」という天鳳の特徴を反映したものに変更された。

順位ウマ:50-20-0-▲70 (ちょうど0点のラスで▲100となる。)

対局者[編集]

  • 鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)
  • 多井隆晴(RMU)
  • 小林剛(麻将連合-μ-)
  • 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 福地誠(日本雀ゴロ協会)
  • ASAPIN(初代天鳳位)
  • (≧▽≦)(二代目天鳳位)
  • coa(鳳凰卓代表選抜戦優勝)

対戦結果[編集]

第二期天鳳名人位:小林剛

順位 選手名 通算得点 平均得点 対局数 1位 2位 3位 4位 平均順位 備考
1位 小林剛 +535.0 +14.86 36 8 12 14 2 2.28
2位 石橋伸洋 +527.0 +14.64 36 11 11 9 5 2.22
3位 coa ▲83.0 ▲2.31 36 8 8 11 9 2.58
4位 ASAPIN ▲228.0 ▲6.33 36 8 9 7 12 2.64
5位 鈴木たろう ▲45.0 ▲1.61 28 8 7 5 8 2.46 ※第8節で敗退
6位 福地誠 ▲453.0 ▲16.18 28 5 9 3 11 2.71 ※第8節で敗退
7位 (≧▽≦) ▲112.0 ▲5.60 20 5 3 6 6 2.65 ※第5節で敗退
8位 多井隆晴 ▲141.0 ▲7.05 20 7 1 5 7 2.60 ※第5節で敗退

第三期天鳳名人戦[編集]

2013年6月17日より開幕。キャッチフレーズは、「魔神参戦 大蛇進撃 闘牌演舞」。

一部、出場者が入れ替わり、天鳳十段であり名人戦の解説としてもお馴染みの渋川難波日本プロ麻雀協会)と第三代天鳳位の独歩が出場することとなった。ウマは前期と同じく天鳳の特徴を反映したものとなっている。

順位ウマ:50-20-0-▲70

対局者[編集]

  • 小林剛(麻将連合-μ-)
  • 多井隆晴(RMU)
  • 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 渋川難波(日本プロ麻雀協会)
  • 福地誠(日本雀ゴロ協会)
  • ASAPIN(初代天鳳位)
  • 独歩(三代目天鳳位)
  • びりびり☆ビリー(鳳凰卓代表選抜戦優勝)

対戦結果[編集]

第三期天鳳名人位:石橋伸洋

順位 選手名 通算得点 平均得点 対局数 1位 2位 3位 4位 平均順位 備考
1位 石橋伸洋 +483.6 +13.43 36 9 14 8 5 2.25
2位 小林剛 +306.6 +8.52 36 11 9 9 7 2.33
3位 福地誠 +117.1 +3.25 36 10 9 9 8 2.42
4位 多井隆晴 +82.7 +2.30 36 9 6 13 8 2.56
5位 渋川難波 ▲64.9 ▲2.32 28 6 10 4 8 2.50 ※第8節で敗退
6位 びりびり☆ビリー ▲361.9 ▲12.92 28 5 6 8 9 2.75 ※第8節で敗退
7位 独歩 ▲186.9 ▲9.35 20 5 6 1 8 2.60 ※第5節で敗退
8位 ASAPIN ▲376.3 ▲18.81 20 5 0 8 7 2.85 ※第5節で敗退

第四期天鳳名人戦[編集]

2014年6月13日より開幕。キャッチフレーズは、「瘋狂麻雀 四度争覇 闘牌演舞」。

天鳳勢からの出場は、ASAPIN、すずめクレイジー、太くないおの3名。このうち、太くないおは鳳凰卓代表選抜戦で優勝し、出場を果たしたが、第1節が終了した2週間後に天鳳位に昇段、五代目天鳳位となった。

順位ウマ:50-20-0-▲70

対局者[編集]

  • 小林剛(麻将連合-μ-)
  • 多井隆晴(RMU)
  • 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 渋川難波(日本プロ麻雀協会)
  • 福地誠(日本雀ゴロ協会)
  • ASAPIN(初代天鳳位)
  • すずめクレイジー(四代目天鳳位)
  • 太くないお(鳳凰卓代表選抜戦優勝→五代目天鳳位)

対戦結果[編集]

第四期天鳳名人位:ASAPIN

順位 選手名 通算得点 平均得点 対局数 1位 2位 3位 4位 平均順位 備考
1位 ASAPIN 447.4 12.43 36 10 10 11 5 2.31
2位 太くないお 201.9 5.61 36 10 10 8 8 2.39
3位 石橋伸洋 188.7 5.24 36 8 10 11 7 2.47
4位 多井隆晴 96.0 2.67 36 11 7 10 8 2.42
5位 福地誠 ▲53.7 ▲1.92 28 8 4 9 7 2.54 ※第8節で敗退
6位  渋川難波 ▲164.1 ▲5.86 28 4 9 8 7 2.64 ※第8節で敗退
7位 すずめクレイジー ▲312.1 ▲15.60 20 3 7 2 8 2.75 ※第5節で敗退
8位 小林剛 ▲404.1 ▲20.21 20 6 3 1 10 2.75 ※第5節で敗退

第五期天鳳名人戦[編集]

2015年6月19日から開幕。天鳳位の増加に伴い、今回からは総勢12名での戦いとなる。天鳳勢からは5名の天鳳位及び鳳凰卓代表選抜戦の優勝者の計6名が出場する予定である。また、2014年9月に日本プロ麻雀連盟を退会した堀内正人も出場することが決まった。なお、第五期から1節増やし、全11節での対戦となる。

順位ウマ:50-20-0-▲70

対局者[編集]

  • 小林剛(麻将連合-μ-)
  • 多井隆晴(RMU)
  • 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 渋川難波(日本プロ麻雀協会)
  • 福地誠(日本雀ゴロ協会)
  • 堀内正人(元・日本プロ麻雀連盟)
  • ASAPIN(初代天鳳位)
  • 独歩(三代目天鳳位)
  • すずめクレイジー(四代目天鳳位)
  • 太くないお(五代目天鳳位)
  • コーラください(七代目天鳳位)
  • 就活生@川村軍団(鳳凰卓代表選抜戦優勝・九代目天鳳位)

対戦システム(第五期)[編集]

【第1節~第6節】(参加者:12名)

1節を4半荘とし、6節消化時点で上位8名が勝ち上がり。節内において、前半・後半2回戦ごとに、対戦者の組合せは変更される。6節までは3卓での戦いとなる。

【第7節・第8節】(参加者:8名)

1節を4半荘とし、8節消化時点で上位6名が勝ち上がり。

【第9節・第10節】(参加者:6名)

1節を3半荘とし、各節1半荘を抜け番とする(1人あたり1節の打数は2半荘)。10節消化時点で上位4名の勝ち上がり。

【第11節(最終節)】(参加者:4名)
決勝(4半荘)を行う。なお、決勝開始時までのトータルポイントは持ち越しとする。

対戦結果[編集]

第五期天鳳名人位:就活生@川村軍団

順位 選手名 通算得点 平均得点 対局数 1位 2位 3位 4位 平均順位 備考
1位 就活生@川村軍団 754.3 18.86 40 14 13 7 6 2.13
2位 堀内正人 385.1 9.63 40 11 13 9 7 2.30
3位 石橋伸洋 326.6 8.17 40 11 10 13 6 2.35
4位 ASAPIN 129.0 3.23 40 14 11 3 12 2.33
5位 小林剛 120.9 3.36 36 7 12 10 7 2.47 ※第10節で敗退
6位 独歩 ▲124.0 ▲3.44 36 9 7 10 10 2.58 ※第10節で敗退
7位 多井隆晴 ▲172.4 ▲5.39 32 6 7 11 8 2.66 ※第8節で敗退
8位 福地誠 ▲290.3 ▲9.07 32 7 5 11 9 2.69 ※第8節で敗退
9位 コーラ下さい ▲139.6 ▲5.82 24 5 4 8 7 2.71 ※第6節で敗退
10位 渋川難波 ▲291.1 ▲12.13 24 4 5 8 7 2.75 ※第6節で敗退
11位 太くないお ▲341.2 ▲14.22 24 6 4 4 10 2.75 ※第6節で敗退
12位 すずめクレイジー ▲357.3 ▲14.89 24 4 7 4 9 2.75 ※第6節で敗退

第六期天鳳名人戦[編集]

2016年7月22日から開幕。第五期に引き続き総勢12名での戦いとなる。今期はプロ5名と天鳳勢7名の構図である。総対戦数は全11節で、途中での人数絞り込みも昨期と同様。順位ウマも変わらず、50-20-0-▲70。

対局者

  • 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 多井隆晴(RMU)
  • 小林剛(麻雀連合-μ-)
  • 渋川難波(日本プロ麻雀協会)
  • 堀内正人(元日本プロ麻雀連盟)
  • 福地誠(日本雀ゴロ協会)
  • ASAPIN(初代天鳳位)
  • 独歩(三代目天鳳位)
  • 太くないお(五代目天鳳位)
  • コーラ下さい(七代目天鳳位)
  • 就活生@川村軍団(九代目天鳳位)
  • 木原豪一(鳳凰卓代表選抜戦優勝)

対戦結果[編集]

第六期天鳳名人位:福地 誠

順位 選手名 通算得点 平均得点 対局数 1位 2位 3位 4位 平均順位 備考
1位 福地 誠 540.9 13.52 40 15 11 6 8 2.17
2位 独歩 490.5 12.26 40 11 10 14 5 2.33
3位 小林 剛 178.0 4.45 40 13 10 6 11 2.38
4位 コーラ下さい 168.9 4.22 40 13 8 9 10 2.40
5位 多井 隆晴 177.2 4.92 36 7 10 13 6 2.50 ※第10節で敗退
6位 就活生@川村軍団 30.4 0.84 36 5 14 10 7 2.53 ※第10節で敗退
7位 木原豪一 ▲16.6 ▲0.52 32 9 7 8 8 2.47 ※第8節で敗退
8位 太くないお ▲242.7 ▲4.46 32 8 10 4 10 2.50 ※第8節で敗退
9位 石橋 伸洋 ▲96.9 ▲4.04 24 5 5 8 6 2.63 ※第6節で敗退
10位 堀内 正人 ▲249.4 ▲10.39 24 4 6 6 8 2.75 ※第6節で敗退
11位 ASAPIN ▲284.5 ▲11.85 24 5 4 8 7 2.71 ※第6節で敗退
12位 渋川 難波 ▲795.8 ▲33.16 24 3 3 6 12 3.13 ※第6節で敗退

特筆すべき出来事

  • 五代目天鳳位の太くないおが、12月16日に行われた第7節を事前連絡をせずに欠場。太くないおを含む4名の試合は別日での再試合となり、太くないおはペナルティとして、通算得点から100点の減点となった。(この出来事以来、無断欠場の場合はこの措置をとることがルール化された。)

第七期天鳳名人戦[編集]

2017年7月7日から開幕。今期もプロ5名+天鳳勢7名の戦いだが、今期はプロ勢に木原浩一が初参戦。また、プロ勢の確定出場者は4名で、残り1人を鳳凰卓代表プロ予選の優勝者から選出する方式が採られた。順位ウマも変わらず、50-20-0-▲70。

対局者

  • 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 多井隆晴(RMU)
  • 木原浩一(日本プロ麻雀協会)
  • 小林剛(麻雀連合-μ-)
  • 福地誠(日本雀ゴロ協会)
  • 独歩(三代目天鳳位)
  • タケオしゃん(六代目天鳳位)
  • コーラ下さい(七代目天鳳位)
  • 就活生@川村軍団(九代目天鳳位)
  • トトリ先生19歳(十一代初代天鳳位、ASAPIN)
  • シンプルなワキガ(鳳凰卓代表選抜戦優勝)
  • 中嶋隼也(日本プロ麻雀協会・鳳凰卓代表プロ予選優勝)

第八期天鳳名人戦[編集]

2018年8月31日から開幕。今期はそれぞれ6名ずつの戦いでプロ勢から川崎たかしと谷口浩平が鳳凰卓代表プロ予選の代表として初参戦。天鳳勢からはおじさんが鳳凰卓予選の代表として初参戦した。また、今期から麻雀スリアロチャンネルでのタイムシフト視聴が有料会員限定に変わっている。

対局者

  • 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 多井隆晴(RMU)
  • 木原浩一(日本プロ麻雀協会)
  • 谷口浩平(日本プロ麻雀協会、鳳凰卓代表プロ予選優勝)
  • 川崎たかし(日本プロ麻雀協会、鳳凰卓代表プロ予選準優勝)
  • 小林剛(麻雀連合-μ-)
  • 福地誠(麻雀ライター)
  • ASAPIN(初代天鳳位)
  • 独歩(三代目天鳳位)
  • タケオしゃん(六代目天鳳位)
  • 就活生@川村軍団(九代目天鳳位)
  • おじさん(鳳凰卓代表選抜戦優勝)

第九期天鳳名人戦[編集]

2019年8月7日から開幕。今期も6名ずつの戦いは変わらずだが、これまで常連であったメンバーが抜けるなど出場者に大きな変更があった。プロ側では多井隆晴、石橋伸洋が抜け、天鳳側ではASAPINが抜ける事となった。プロ勢からは醍醐大(最高位戦)、松ヶ瀬隆弥(RMU)、中嶋隼也(プロ麻雀協会)の3名が初参戦となる、小林剛、木原浩一は引き続きの参加、渋川南波が第六期以来の参戦となった。また、これまでの対局は金曜日に行われていたが、今期より水曜日に変更された。順位ウマも変わらず、50-20-0-▲70。

対局者

  • 小林剛(麻将連合)
  • 木原浩一(日本プロ麻雀協会)
  • 醍醐大(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 松ヶ瀬隆弥(RMU)
  • 渋川難波(日本プロ麻雀協会)
  • 中嶋隼也(日本プロ麻雀協会)
  • 福地誠(麻雀ライター)
  • 独歩(三代目天鳳位)
  • タケオしゃん(六代目天鳳位)
  • 就活生@川村軍団(九代目天鳳位)
  • おかもと(十二代目天鳳位)
  • お知らせ(十四代目天鳳位)


第十期天鳳名人戦[編集]

2020年9月4日から開幕。日本プロ麻雀協会より堀慎吾、鳳凰卓プロ予選を勝ち抜いた高津圭佑が初参戦となる、天鳳側からは二代目天鳳位の(≧▽≦)(マーク2)が第二期以来7年ぶりに天鳳名人戦に出場となった。今期は出場選手数が4名増え過去最多となる16名でのリーグ戦となる、また天鳳名人戦の10周年を記念して、2020年8月26日に天鳳にてイベント※1が開催された。順位ウマは変わらず、50-20-0-▲70。

対局者

  • 小林剛(麻将連合)
  • 木原浩一(日本プロ麻雀協会)
  • 堀慎吾(日本プロ麻雀協会、現雀王)
  • 松ヶ瀬隆弥(RMU)
  • 醍醐大(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 福地誠(麻雀ライター)
  • 渋川難波(日本プロ麻雀協会)
  • 高津圭佑(日本プロ麻雀協会、鳳凰卓代表プロ予選優勝)
  • (≧▽≦)(二代目天鳳位)
  • 独歩(三代目天鳳位、最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 太くないお(五代目天鳳位)
  • タケオしゃん(六代目天鳳位)
  • 就活生@川村軍団(九代目天鳳位)
  • おかもと(十二代目天鳳位)
  • お知らせ(十四代目天鳳位)
  • 豚の王(鳳凰卓代表選抜戦優勝)

 


 

参照・出典[編集]