大辻隆弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大辻 隆弘
おおつじ たかひろ
誕生 (1960-08-25) 1960年8月25日(60歳)
日本の旗 日本三重県松阪市稲木町
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 龍谷大学大学院文学研究科修了
ジャンル 短歌
主な受賞歴 三重県文学新人賞(1990年)
三重県文化奨励賞(1997年)
現代歌人集会賞(1998年)
寺山修司短歌賞(2003年)
中日歌人会梨郷賞(2009年)
日本歌人クラブ評論賞(2010年)
島木赤彦文学賞(2010年)
佐藤佐太郎短歌賞受賞(2016年)
斎藤茂吉短歌文学賞(2018年)
所属 未来短歌会
テンプレートを表示

大辻 隆弘(おおつじ たかひろ、1960年8月25日[1] - )は、歌人、高校教諭(国語科)。現代歌人協会会員、現代歌人集会理事、日本文藝家協会会員、中部日本歌人会副委員長、三重県歌人クラブ委員長、『未来』選者、同人誌「レ・パピエ・シアン・Ⅱ」代表、元皇學館大学講師。現三重県立津西高等学校国語科教諭。

略歴[編集]

三重県松阪市稲木町に生まれ、松阪市に在住。三重県立松阪高等学校卒業後、1979年4月、龍谷大学文学部哲学科に入学。大学院時代に、NHKの短歌番組をきっかけに作歌を始める[2]1985年3月、龍谷大学大学院文学研究科(哲学)を修了。翌1986年、未来短歌会に入会し、岡井隆に師事した。その後も、中京短歌会、中の会、「ゆにぞん」などで活動中。

1989年、第一歌集『水廊』を出版。三重県文学新人賞を受賞。1990年谷岡亜紀加藤孝男大野道夫らと共同で同人誌『ノベンタ』を創刊。1993年に第二歌集『ルーノ』を、1996年には評論集の『子規への溯行』を出版。1999年には同人誌「レ・パピエ・シアン」に参加。2007年には、第五歌集『夏空彦』、第六歌集『兄国』、評伝『岡井隆と初期未来』を出版。2008年には時評集『時の基底』を、2009年には評論集『アララギの脊梁』、時評集『対峙と対話』(吉川宏志との共著)を出版している。 1997年、三重県文化奨励賞。1998年、第三歌集『抱擁韻』により第24回現代歌人集会賞2003年、第四歌集『デプス』により第8回寺山修司短歌賞2009年、第18回中日歌人会梨郷賞。2010年、『アララギの脊梁』で第8回日本歌人クラブ評論賞、第12回島木赤彦文学賞受賞。2016年、『近代短歌の範型』で第3回佐藤佐太郎短歌賞受賞。2018年、『景徳鎮』で第29回斎藤茂吉短歌文学賞受賞。2019年度NHK‐Eテレ「NHK短歌」の選者。

著書[編集]

  • 歌集『水廊』(砂子屋書房、1989)
  • 歌集『ルーノ』(砂子屋書房、1993)
  • 評論集『子規への溯行』(砂子屋書房、1996)
  • 歌集『抱擁韻』(砂子屋書房、1998)
  • 歌集『デプス』(砂子屋書房、2002)
  • 選集『大辻隆弘歌集』(砂子屋書房・現代短歌文庫48、2003)
  • 選集『大辻隆弘集』(邑書林・セレクション歌人9・2004)
  • 歌集『夏空彦』(砂子屋書房、2007)
  • 歌集『兄国』(短歌新聞社、2007)
  • 評論『岡井隆と初期未来―若き歌人たちの肖像』(六花書林、2007)
  • 時評集『時の基底』(六花書林、2008)
  • 評論集『アララギの脊梁』(青磁社、2009)
  • 時評集『対峙と対話』(吉川宏志共著・青磁社、2009)
  • 歌集『汀暮抄』(砂子屋書房、2012)
  • 歌集『水廊』(再版・現代短歌社・第1歌集文庫、2013)
  • 評論集『近代短歌の範型』(六花書林、2015)
  • 講演集『子規から相良宏まで』(青磁社、2017)
  • 歌集『景徳鎮』(砂子屋書房、2017)
  • 評論集『新版 子規への溯行』(増補版・現代短歌社・現代短歌社選書、2017)
  • 評論『佐藤佐太郎』(笠間書院・コレクション日本歌人選71、2018)

テレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『短歌研究 2014年12月号(2015短歌年鑑)』(短歌研究社、2014年)巻末「歌壇名簿」より
  2. ^ 龍谷人 藤井勇治/田中武志/大辻隆弘(広報『龍谷』2007 NO.63)”. 龍谷大学. 2015年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]