谷岡亜紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷岡 亜紀(たにおか あき、男性、1959年11月19日 - )は、歌人

経歴[編集]

高知県高知市生まれ。父は美術教師。高知学芸高等学校時代は、詩人小松弘愛が教師を務めていた。高校卒業後、19歳で上京。1980年、「心の花」に入会し、佐佐木幸綱に師事。同門の俵万智黒岩剛仁らと交友を持つ。早稲田大学第一文学部哲学科中退。在学中より演劇活動に熱中し、劇団を主宰する。

1987年、『「ライトヴァース」の残した問題』で第5回現代短歌評論賞受賞。1990年大辻隆弘大野道夫加藤孝男らと短歌評論誌「ノベンタ」を創刊。1991年アニメOH!MYコンブ』にシナリオライターとして参加する。1994年、歌集『臨界』で第38回現代歌人協会賞受賞。2006年刊行の歌集『闇市』で第5回前川佐美雄賞、第12回寺山修司短歌賞受賞。邑書林から刊行されている叢書「セレクション歌人」では、プロデューサーを務める。

著書[編集]

  • 短歌をつくろう 佐佐木幸綱共著 さ・え・ら書房 1989.4
  • 臨界 歌集 雁書館 1993.8
  • <劇>的短歌論 邑書林 1993.6
  • 佐佐木幸綱 人と作品総展望 ながらみ書房 1996.3
  • 香港雨の都 北冬舎〈ポエジー21〉 1997.7
  • アジア・バザール 歌集 雁書館 1999.8
  • 歌の旅 高知新聞企業(発売) 2000.7
  • 臨界 アジア・バザール 雁書館〈2 in 1シリーズ〉 2003.12
  • 闇市 歌集 雁書館 2006.8
  • 谷岡亜紀集 邑書林〈セレクション歌人〉 2007.5
  • 鳥人の朝 思潮社 2008.10
  • 風のファド 短歌研究社 2014.11

参考文献[編集]

  • 谷岡亜紀集 邑書林〈セレクション歌人〉 2007.5

外部リンク[編集]