大場松魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大場 松魚(おおば しょうぎょ、1916年大正5年)3月15日 - 2012年平成24年)6月21日)は、漆芸家。蒔絵重要無形文化財保持者(人間国宝)。金沢美術工芸大学教授輪島漆芸技術研修所名誉所長。石川県金沢市出身。本名、勝雄。

略歴[編集]

石川県立工業学校卒。父、大場宗秀に10年間学んだ後[1]昭和18年上京。松田権六の内弟子となり2年間師事。伊勢神宮式年遷宮御神宝「御鏡箱・御太刀鞘」(昭和27年及び47年)、中尊寺金色堂の保存修理(昭和39年)に従事したことがきっかけとなり、本格的な平文[注釈 1]の技法に取り組んだ。1978年に紫綬褒章を受ける。1982年(昭和57年)4月20日には人間国宝に認定される[2]フランスクリスタルガラスとの融合など、新しい枠組みにも取り組んだ。

2012年6月21日、老衰のため石川県津幡町の病院で死去[3]。96歳没。

作品[編集]

  • 漆之宝石箱 日本美術展覧会 特選受賞 昭和23年(1948年)
  • 光彩 クリスタルガラス

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金,銀などの薄板を文様に切り、漆面に貼る技術。世界大百科事典 第2版より
[ヘルプ]
  1. ^ 日本経済新聞 2012年6月22日記事
  2. ^ 日本経済新聞 2012年6月22日記事
  3. ^ 大場松魚氏が死去 人間国宝の漆芸家 日本経済新聞 2017年12月6日閲覧

外部リンク[編集]

大場松魚 NHKサイト 人物録 人物録 大場松魚