田口善国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田口 善国(たぐち よしくに、1923年大正12年)3月1日 - 1998年平成10年)11月28日)は、漆芸家蒔絵重要無形文化財保持者(人間国宝)。東京都出身。本名、善次郎。 蒔絵、螺鈿を得意とし、動植物を主題に現代的な漆器を製作した[1]

生涯[編集]

東京麻布区に生まれる。幼少から尾形光琳に魅了され漆芸を志す。医者である父の友人、奥村土牛に日本画を学ぶ。漆工史研究者の吉野富雄に古美術を、また、吉野の後輩である松田権六からは蒔絵技法を学ぶ。日展に昭和21年(1946年)、昭和22年(1947年)、翌昭和23、26年と出展し入選をする[2]。  古典技法を習得して現代に生かす独自の表現を確立した。1960年昭和35年)、日光東照宮中尊寺金色堂の保存修復に従事。1985年(昭和60年)、紫綬褒章受章。1989年(平成元年)5月6日に重要無形文化財「蒔絵」保持者に認定された。 平成10年(1998年)に亡くなった[3]

作品[編集]

  • 「風呂先屏風みのりの朝」
  • 「風呂先屏風蒔絵俵に鼠」
  • 「蒔絵盃ピアノとルリ鳥」
  • 「四枚折蒔絵屏風親子つばめ」
  • 「平文蒔絵箱」
  • 「野原蒔絵小箱」

脚注[編集]

  1. ^ 東京文化財研究所ウェブサイト 田口善国より
  2. ^ 東京文化財研究所ウェブサイト 田口善国より
  3. ^ 東京文化財研究所ウェブサイト 田口善国より

関連項目[編集]

外部サイト[編集]