大坪稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大坪 稔(おおつぼ みのる、1927年昭和2年)8月4日 - 1995年平成7年)7月8日)は、日本の民法学者鹿児島大学名誉教授西日本短期大学学長。専門は財産法

略歴[編集]

1927年(昭和2年)8月4日、福岡県八女市に生まれる。1953年(昭和28年)に法政大学法学部法律学科を卒業し、1955年(昭和30年)に同大学大学院社会科学研究科(私法学専攻)を修了する。

1957年(昭和32年)に西日本短期大学専任講師1964年(昭和39年)に九州産業大学商学部助教授を経て、1967年(昭和42年)に同大学同学部教授に就任する。

1974年(昭和49年)に北九州大学法学部に転任し、1982年(昭和57年)に鹿児島大学法文学部に転任する。鹿児島大学評議員、法学研究科長、大学院委員会委員などを歴任する。

1993年(平成5年)に鹿児島大学を退官し、西日本短期大学学長に就任する。

1995年(平成7年)7月8日に死去、67歳。

著書[編集]

  • 『法律学概説』(酒井書店、1967)
  • 『実定法概説』(酒井書店、1974)
  • 契約法論(1)』(酒井書店、1978)
  • 地方公務員のための民事判例研究』(酒井書店、1981)

共著[編集]

共編[編集]

参考[編集]