大原八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大原八幡宮
拝殿
拝殿
所在地 大分県日田市田島2丁目184
位置 北緯33度19分14.73秒
東経130度56分44.84秒
座標: 北緯33度19分14.73秒 東経130度56分44.84秒
主祭神 誉田別命・大帯姫命・比売大神
社格 旧県社
創建 伝慶雲元年(704年)
本殿の様式 入母屋造銅板葺
別名 大原神社
例祭 9月23日
主な神事 仲秋祭(放生会)(9月21日 - 25日)
米占祭(3月15日)
テンプレートを表示

大原八幡宮(おおはらはちまんぐう)は大分県日田市にある神社である。市内最大級の八幡宮で、通称は大原神社大波羅八幡宮とも表記される。

祭神[編集]

  • 誉田別命(ほんだわけのみこと)
  • 大帯姫命(おおたらしひめのみこと)
  • 比売大神(ひめおおかみ)

歴史[編集]

日田の八幡神社の初見は天武天皇白鳳9年(680年)、靱負郷岩松峰(日田市天瀬町金場の北)に宇佐の鷹の居の社にいます神と名乗る神が現れ、社(鞍形尾の宮)を建てて祀ったことが初めである。慶雲元年(704年)、杉原のの下に神が降りて村の女に神懸かり、「岩松の峰の神」を名乗って「杉原が便宜よいのでここにきた」と告げたとして、社を建てて祀ったというのが大原八幡宮の前身である杉原宮である。

貞観13年(871年)若しくは仁寿2年(852年)に、当時日田郡司であった大蔵永弘によって、杉原宮から現在の元宮に遷座され、宇佐神宮より橋本公則を迎え社司としている。建久4年(1193年)、九州探題大友能直が、東の総社を柞原八幡宮、西の総社を大原八幡宮として鎌倉鶴岡八幡宮の参拝礼式に改めさせたといわれる。

元和10年(1624年)日田永山城石川主殿守忠総により、元宮から現在の位置へ遷座された。その際、社殿形式に八幡造を用い、屋根意匠に権現造の要素である八棟造を用いて建立されている。遷座前の場所は元大原神社や元宮神社と呼ばれ、現在も江戸時代中期に再建された社殿が残る。

1935年(昭和10年)に就役した大日本帝国海軍最上型重巡洋艦三隈」の艦名は大分県日田盆地を流れる三隈川に因ため、「三隈」の艦内神社は当社から分祀されている[1]

平成元年(1988年)11月22日に楼門・拝殿・幣殿・本殿が市の有形文化財に指定され保護されている[1]。境内最古の建築物である楼門は貞享4年(1687年)の築造、拝殿・幣殿・本殿は寛政6年(1794年)の築造といわれる。

社殿[編集]

楼門
  • 本殿:入母屋造銅板葺、方3間。向拝1間(「間」は寸法ではなく柱間の数。以下も同じ)。
  • 幣殿:切妻造妻入、銅板葺、正面3間(背面1間)、側面2間。
  • 拝殿:入母屋造銅板葺、桁行5間、梁行3間。向拝3間、千鳥破風軒唐破風付。
  • 楼門:入母屋造本瓦葺、3間1戸。

脚注[編集]

  1. ^ 「寄贈物品受納の件」p.3

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]