大前哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大前 哲(おおまえ さとし、1943年11月25日 - )は日本現代音楽作曲家兵庫県出身[1]相愛大学音楽学部元教授。大阪教育大学の前身に該当する大阪学芸大学卒業[1]。多くの国際作曲賞を受賞するほか、国内外での委嘱作品を発表し、各種の現代音楽演奏会および音楽祭に出品している。

近年の主要作品[編集]

管弦楽[編集]

  • 2000 La canzone dei ricordi, op. 110
  • 2001 The Broken Times, op. 116
  • 2002 Frammenti di Spazio, op. 118
  • 2004 COME IL VENTO PASSATI, op. 126
  • 2006 Spazio Variato, op. 140
  • 2008 Symphonic Canticle "Shinran", op. 144
  • 2018 SONIC LANDSCAPE, op.190

吹奏楽[編集]

  • 2003 Space Fragments, op. 125
  • 2006 Space Gradation, op. 138
  • 2010 Symphonic Canticle "Shinran", op. 144-2
  • 2010 Symphonic Overture "66" Access, op. 150 b
  • 2010 In the Distance, op. 151

室内楽[編集]

  • 2004 Double link, op. 129
  • 2004 Time Tracing: Double Talk no. 28, op. 131
  • 2005 The Man in a space -Okuno Hosomichi-, op. 132
  • 2005 Lyrical Landscape, op. 133
  • 2005 Refrain: Double Talk no. 30, op. 134
  • 2005 Dual Tensity: Double Talk no. 31, op. 135
  • 2006 Time Shift, op. 136
  • 2006 Solitude Soul, op. 137
  • 2006 Spazio Improvisare II, op. 139
  • 2007 Time Portraits: Double Talk no. 32, op. 141
  • 2007 Time Sequence: Double Talk no. 33, op. 142
  • 2008 Twofold, op. 145
  • 2010 TRIO FESTONE, op. 153

ピアノ[編集]

  • 1971 Resonance no. 1, op. 4
  • 1975 Resonance no. 2, op. 10
  • 1988 Trailing Away, op. 67
  • 1997 Aspetta Domani, op. 97
  • 1999 The Prospects nr. 2, op. 106
  • 2002 Modo Frammentario, op. 120
  • 2004 Memories Once More, op. 127
  • 2008 Memories Once More II, op. 146

ギター[編集]

  • 2002 Spacing I, op. 119
  • 2004 Sound shift, op. 130

マンドリン・アンサンブル[編集]

  • 2001 Seven short Scenes III, op. 113

打楽器[編集]

  • 1982 Undulation I, op. 40
  • 1984 Polymer, op. 52
  • 1991 Join V, op. 98

邦楽器[編集]

  • 2002 Tre Suoni, op. 121

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.502
  2. ^ 外部リンク
  3. ^ 外部リンク
  4. ^ 外部リンク
  5. ^ 外部リンク
  6. ^ 注)相愛大学の紹介と本人作のバイオグラフィでは、原語表記を尊重し、コンペティション、コンクール、コンコルソ、コンテストの表記が混在している。日本語版ウィキペディアでは全ての褒賞を、外来語のコンクールに統一した。
  7. ^ 外部リンク

外部リンク[編集]