カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール はポーランドで行われる国際作曲コンクール。カジミェシュ・セロツキの早逝を悼む目的と、世界の優れた作曲家を発掘する目的で開設された。

概要[編集]

当初は1984年から三年に一度開かれる国際コンクールであったが、1996年より隔年開催へ移行している。原則として四人のノミネートを選び、全員に賞を与える方式。受賞者への待遇も、招待作曲家なみの扱われようであること等から、評判は高い。日本人の受賞者も幾人か見られる。当初は賞に順位を付してはいなかったが、1996年からは正規に順位を付している。現在は第一位から第三位までの三人に受賞させる。

年齢制限はなく、教職についている講師や教授も参加する。近年は最年少の受賞者にポーランド現代音楽の楽譜とCD一式という副賞がついている。審査員は規約を自分達で好きなように決めることができ、決まった編成を求めず、毎年一定していない。

日本人で、結果的に審査に当たった人物は湯浅譲二高橋アキの二名だけである。25年以上審査委員長の座にあったツィグムント・クラウツェが高齢のため、クラウツェは審査員を勇退し、2011年度には史上初の海外審査委員長を指名して再開される運びとなった。クラウツェは既にポーランド現代音楽協会の会長の座からは退いた。

現在の規約は「既発表曲、既受賞曲」の提出も可能であり、複数曲の応募も可能になっている。一時期は応募が激減したが、2017年度は久しぶりに100作を超えた。

歴代優勝者[編集]

日本の入賞者[編集]

  • 第三回、松平頼暁第二位。
  • 第四回、権代敦彦第二位。
  • 第五回、久田典子第二位。
    • 当初第二位に「メック出版社特別賞」という名称が附されていたが、現在は数詞に戻された。
  • 第十三回、薮田翔一第三位(ex-aequo)。

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]