大分県西部地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大分県西部地震
大分県西部地震の位置(日本内)
大分県西部地震
地震の震央の位置の位置を示した地図
本震
発生日 2006年(平成18年)6月12日
発生時刻 5時1分24.8秒 (JST)
震央 日本の旗 日本 大分県由布市
北緯33度8.0分
東経131度24.4分(地図
震源の深さ 146 km
規模    マグニチュード(M)6.2
最大震度    震度5弱:大分県佐伯市広島県呉市愛媛県今治市八幡浜市伊方町西予市
地震の種類 深発地震
被害
死傷者数 負傷者8名
被害地域 九州、中国、四国地方
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

大分県西部地震(おおいたけんせいぶじしん)は、2006年6月12日午前5時1分に大分県由布市震源として発生した深発地震である。最大震度は震度5弱

概要[編集]

この地震は、フィリピン海プレートの日本列島下に沈み込んだ部分で発生した地震である。そのため、異常震域となり、震央の由布市は揺れが小さく、遠方の大分県佐伯市、広島県呉市、愛媛県今治市などで最大震度を観測した。

速報では、震源は大分県中部とされたが、後に大分県西部に改められた。

地震の詳細[編集]

本震[編集]

  • 発生:2006年6月12日 午前5時1分24.8秒
  • 震源:
    • 震央の位置:北緯33度8.0分、東経131度24.4分
    • 深さ:146km(速報では140kmと報道された)
  • 地震の規模:マグニチュード 6.2(速報では6.1と報道された)

各地の震度[編集]

最大震度5弱の揺れを観測した地域は次の通り。

震度 都道府県 市町村
震度5弱
広島県
呉市
愛媛県 今治市 八幡平市 伊方町 西予市
大分県 佐伯市

余震[編集]

2006年7月31日の余震[編集]

  • 発生:2006年7月31日13時50分10.4秒
  • 震源
    • 震央の位置:大分県西部
    • 深さ:117km
  • 地震の規模:マグニチュード:3.6
  • 各地の震度
震度 観測地域
震度2

愛媛県宇和島市

震度1
愛媛県愛南町松野町大洲市久万高原町
宮崎県北川町
大分県津久見市佐伯市
高知県宿毛市

被害[編集]

  • 負傷者 - 8名
  • 住家破損 - 5棟

大分県内では、佐伯市で1棟、豊後大野市で2棟が一部破損した[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]