大内正己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおうち まさみ
大内 正己
生誕 (1976-01-21) 1976年1月21日(46歳)
日本の旗 日本 東京都八王子市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 観測的宇宙論銀河天文学
研究機関 東京大学宇宙線研究所
カブリ数物連携宇宙研究機構
国立天文台
出身校 東京大学
主な受賞歴 日本学士院学術奨励賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

大内 正己(おおうち まさみ、1976年1月21日 - )は、日本天文学者。専門は観測的宇宙論銀河天文学理学博士東京大学2003年)。現在は、東京大学宇宙線研究所教授、国立天文台科学研究部教授、カブリ数物連携宇宙研究機構科学研究員。

略歴[編集]

業績[編集]

  • すばる望遠鏡を使い宇宙初期の大規模構造と最も遠い銀河団を発見[2]
  • 同じくすばる望遠鏡を用いて銀河が暗黒物質の中で形成されていることを発見[3]
  • ヒミコを発見。ビッグバンから約8億年後(現在は約138億年後)の宇宙に55,000光年の巨大天体を発見した。
  • 初期宇宙に特有な、水素のライマン・アルファ輝線で輝く銀河 (LAE) の観測により、誕生後10億年の宇宙にはすでに銀河がなす大規模構造ができていることを発見した。

他、多数の国際共同研究に貢献。

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 大内正己『宇宙の果てはどうなっているのか?ー謎の古代天体ヒミコに挑む』、宝島社、2014年、ISBN 978-4-8002-2639-6

共著[編集]

  • 池内了・半田利弘・大内正己・橋本樹明 指導・執筆 『宇宙』 小学館 〈小学館の図鑑NEO〉、2004年、ISBN 4092172095
  • 池内了・大内正己・勝川行雄・川村静児ほか 指導・執筆 『宇宙』 小学館 〈小学館の図鑑NEO〔新版〕〉、2018年、ISBN 978-4092173095

他、『天文学がわかる。』 (アエラムック (52))など。

訳書[編集]

  • ステファン・ジェームズ・オメーラ 『メシエ天体カタログ』 磯部琇三ほか訳、ニュートンプレス、2000年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]