外山秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

外山 秀一(とやま しゅういち、1954年6月 - )は、日本地理学者考古学者。専門は考古地理学環境考古学等。現在、皇學館大学文学部教授。『山梨県史』編纂専門調査員。宮崎県日南市出身。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用』(古今書院、2006)
  • 『ジオとグラフィーの旅1 環境と人の旅』(古今書院、2007)
  • 『自然と人間との関係史』(古今書院、2008)
  • 『ジオとグラフィーの旅2 自然の旅』(古今書院、2008)
  • 『ジオとグラフィーの旅3 人の旅』(古今書院、2010)

共著[編集]

関連項目[編集]