増野彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
増野 彰
Akira Masuno
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-07-06) 1978年7月6日(40歳)
出身地 広島県広島市
ラテン文字 Akira Masuno
身長 170cm
体重 64kg
血液型 A型
選手情報
愛称 アキラ
ポジション L
指高 220cm
利き手
スパイク 315cm
ブロック 300cm
テンプレートを表示

増野 彰(ますの あきら、1978年7月6日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。広島県広島市出身。ポジションはリベロ

来歴[編集]

実兄の影響で、川内小学校4年よりバレーボールを始める。

広島大学を卒業後、2001年に堺ブレイザーズに入団。2006年の第12回Vリーグの堺ブレイザーズの優勝に貢献し、ベストリベロ賞を受賞。同年全日本代表に初選出され、2006年ワールドリーグに出場した。 2010年3月19日、2009/10Vプレミアリーグをもって現役を引退することが発表され[1]4月1日付で和歌山県の県立高校の教員に赴任した。

球歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 増野彰選手現役引退について”. 堺ブレイザーズ (2010年3月19日). 2010年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]