埋木舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埋木舎

埋木舎(うもれぎのや)は、滋賀県彦根市尾末町にある、旧彦根藩井伊家の屋敷跡。

概要[編集]

彦根城佐和口御門に近い中堀に面した質素な屋敷で、創建は宝暦9年(1759年)頃と見られる[1][2]。 井伊家の十四男として生まれた井伊直弼が13代彦根藩主となるまでの不遇の時期、天保2年(1831年)以後15年を過ごした屋敷として有名で、「埋木舎」は直弼の命名である。本来は「尾末町御屋敷」あるいは「北の御屋敷」の名で呼ばれていた。発掘調査により、建物は建て替えにより6期の変遷が確認されている。敷地は国の特別史跡「彦根城跡」に含まれる。

中庭より

控屋敷[編集]

彦根藩井伊家では、藩主の子であっても世子以外は、他家に養子に行くか、家臣の養子となってその家を継ぐか、あるいは寺に入るのが決まりとされていた。行き先が決まらない間は、父が藩主の間は下屋敷(槻御殿)で一緒に暮らすが、兄が藩主になると城下の「控え屋敷」に入って宛行扶持(あてがいぶち、捨扶持(すてぶち))で暮らすこととされていた。「尾末町御屋敷」(「北の御屋敷」)はそうした控え屋敷の一つであった。控え屋敷であるため下屋敷のような立派な建物でもなく、素材も一段下で大名の家族の住居としてはきわめて質素であり、中級藩士の屋敷とほぼ同等である。

彦根藩10代藩主井伊直幸も、25歳で藩主を継ぐまではこの尾末町御屋敷に暮らしていた。その経験から、控屋敷に暮らす井伊家の子弟教育に力を注いだと言われる。

名称の由来[編集]

彦根藩主の十四男として生まれた井伊直弼は5歳のとき母を失い、17歳のとき隠居していた父井伊直中(11代藩主)が亡くなり、弟の井伊直恭とともにこの控え屋敷(尾末町御屋敷、北の御屋敷)に入った。300俵の捨扶持の部屋住みの身分であった。3年余りして直弼20歳のとき、養子縁組の話があるというので弟とともに江戸に出向くが、決まったのは弟の縁組(直恭は日向国延岡藩内藤家7万石の養子となる)だけで、直弼には期待むなしく養子の話がなかった。直弼はしばらく江戸にいたが彦根に帰り、次のような歌を詠んでいる。

世の中を よそに見つつも うもれ木の 埋もれておらむ 心なき身は

自らを花の咲くこともない(世に出ることもない)埋もれ木と同じだとして、逆境に安住の地を求めてその居宅を「埋木舎」と名づけ、それでも自分には「為すべき業」があると精進した。

景観[編集]

埋木舎にはが植えられていた。直弼は柳をことのほか愛し、号にも「柳王舎」を使うことが多かった。また、直弼はある時、外出先で非常に立腹する事があったが、帰宅して庭に植えられた柳を見て

むっとして 戻れば庭に 柳かな

という句を読み心を落ち着けたと言われる。

なお、この屋敷には直弼が「澍露庵(じゅろあん)」と名付けた小さな茶室があった。

発掘調査[編集]

1985年以降の6次にわたる発掘調査で、建物は6期にわたる建て替えの変遷が確認されている。母屋棟からは、北(玄関を入って左奥、来客用)・東(奥座敷につらなる一帯)にIV期に属するトイレ遺構を確認している。うち東のトイレは遺存状況が良好で、礎石列で区画されたトイレ空間のなかに2連の甕形汲取式トイレを確認している。には、漏らさない工夫として羽が付いており、大便用は羽まで地中に埋め込んでいるが、小便用は、口をやや傾けて地上に設置している。なお、台所棟からも3ヵ所トイレが確認されている。 

埋木舎時代の井伊直弼[編集]

部屋住み時代の直弼は、のちに腹心となる長野主膳国学を、さらに曹洞禅儒学洋学を学んだ。禅では「有髪の名僧」と呼ばれるほどであったという。書、絵、和歌のほか、剣術居合槍術弓術砲術柔術などの武術乗馬茶の湯など多数の趣味に没頭し、特に居合では新心流から新心新流を開いた。茶の湯では「宗観」の名を持ち、石州流を経て一派を確立した。著書『茶湯一會集』巻頭には有名な「一期一会」がある(この言葉は利休七哲山上宗二が著した「山上宗二記」が初出だとも言われる)。他にも能面作りに没頭し、能面作りに必要な道具を一式揃えていた。また、湖東焼楽焼にも造詣が深かったという。半面では世捨て人のような諦念を抱きつつも、半面では「余は一日4時間眠れば足りる」として文武両道の修練に励んでおり、苦悩と屈託の多い青春であったことがうかがい知れる。なお、直弼の日記として『埋木舎の記』がある。

復元と公開[編集]

この館は明治4年、払い下げによって大久保氏の所有になり、現在に至る。

1984年昭和59年)の豪雪で倒壊したため[3]11月28日から修理に入った[4]

この修復について、1985年(昭和60年)2月に彦根市が一般公開を条件として助成を決め[5]、同年には国から補助金が出ることになり[6]、同年10月から解体し[7]、約4年かけて全面的に解体修理を進め[8]、直弼が住んでいたころのように復元した[9]。 そして、1991年平成3年)3月27日に完工記念式を行い[10]、同年4月1日から内部も一般公開された[11](有料)。

なお、この全面的な解体工事に合わせて発掘調査なども行なわれ、解体前に築後約380年とされていたものが[7]、創建宝暦9年(1759年)頃創建とされるなど様々な新事実が判明し[1][2]、当主の大久保治男駒沢大学教授が1991年平成3年)に「埋木舎-井伊直弼の青春」 を出版した[12][13]

所在地・交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “解体修理が完成 埋木舎 彦根 宝暦9年の建築”. 読売新聞 (読売新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1991年2月2日) 
  2. ^ a b “建築は宝暦9年前後? 13年ぶり復元の埋木舎 新事実ぞくぞく彦根で特別公開”. 中日新聞 (中日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1991年1月31日) 
  3. ^ “井伊大老が青春期居住 埋木舎、雪?で倒壊 彦根城内”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 23. (1984年4月14日) 
  4. ^ “埋木舎修理始まる 彦根城で今春倒壊”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1984年11月29日) 
  5. ^ “彦根城の埋木舎 改築し一般公開 市が助成決める”. 読売新聞 (読売新聞社): pp. 朝刊 22. (1985年2月27日) 
  6. ^ “井伊大老ゆかりの埋木舎 4年がかりで解体修理 雪で損傷、国が補助金”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1985年6月1日) 
  7. ^ a b “埋木舎(彦根城)解体始まる 来年度以降に建て直し 風雪に耐え380年…”. 読売新聞 (読売新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1985年10月23日) 
  8. ^ “彦根 埋木舎修理 新年度完成へ 直弼青年期の家 老朽化し豪雪で倒壊 4年がかり全面解体”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1989年1月26日) 
  9. ^ “埋木舎 完全復元で一般公開 井伊直弼の精神を今に”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 5. (1991年5月8日) 
  10. ^ “内部を公開、お茶席も 埋木舎の完工記念式 彦根”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1991年3月28日) 
  11. ^ “ひと往来 崩壊の危機くぐり”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1991年4月1日) 
  12. ^ “『花の生涯』など引用し説明 「埋木舎-井伊直弼の青春」 当主の大久保さん出版”. 朝日新聞 (朝日新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1991年10月16日) 
  13. ^ “「埋木舎」改訂版を出版 当主の大久保駒沢大教授 解体修理完成を機に”. 京都新聞 (京都新聞社): pp. 朝刊 滋賀版. (1991年12月11日) 

参考文献[編集]

  • 大久保治男「文化財保存の一例 国指定特別史跡「埋木舎」の全面解体修復工事について―国庫補助事業―(1)(2)(3)」(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第3・4・5輯、平成18・19・20年3月)。
  • 大久保治男『埋木舎井伊直弼』2008年09月、サンライズ出版。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度16分32.2秒 東経136度15分23.6秒 / 北緯35.275611度 東経136.256556度 / 35.275611; 136.256556