利休七哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

利休七哲(りきゅうしちてつ)は、千利休高弟7人の武将を指す呼称。「利休七人衆[1]が古い呼称。

「七人衆」として、前田利長(加賀の肥前)、蒲生氏郷細川忠興(三斎)古田織部牧村兵部高山南坊(右近)芝山監物の七人をあげているのが初見。これは千宗旦(利休の孫)がそう話した。ついで宗旦の子・江岑宗左(逢源斎、表千家4世)が寛文3年(1663年)夏に執筆した『江岑夏書(こうしんげがき)』に、「利休弟子衆七人衆」として、前七人のうち前田利長を外し、瀬田掃部に入れ替えられている。

その後、様々な茶書などで構成が微妙に変わり[2]寛政期(1789~1801)に版行された『古今茶人系譜』以後になると、織田有楽(長益)荒木道薫(村重)あるいは千道安(利休の長男)などがあげられるようになり、変動する。また、有馬豊氏金森長近を加えるなど諸説あるが、いずれも後世呼称されたもので、当時からそのように呼ばれていたわけではない。一貫して変わらないのは蒲生氏郷と細川忠興(三斎)の二人だけである。

この七人のうち、後継者となったのは、大封を持たない古田織部であった。

利休七哲[編集]

利休門三人衆[編集]

利休七哲に加えて利休門三人衆といい、利休門下の武将のなかで、特に優れていたといわれる、蒲生氏郷、芝山宗綱(監物)、細川忠興の3人の武将。これは利休七哲と同じで、後世に呼称されたもの。

脚注[編集]

  1. ^ 1652年(承応元年)に没した奈良の塗師・松屋久重編『茶道四祖伝書』に記される。
  2. ^ 桑田忠親 『古田織部の茶道』 講談社学術文庫 ISBN 978-4061589322、195p

関連項目[編集]