坂口佳穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂口 佳穗
Kaho Sakaguchi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-03-25) 1996年3月25日(25歳)
出身地 日本の旗 宮崎県串間市
ラテン文字 Kaho Sakaguchi
身長 173cm[1]
体重 58kg[1]
選手情報
所属 ビーチバレー
テンプレートを表示

坂口 佳穗(さかぐち かほ、1996年3月25日 - )は、日本の元ビーチバレー選手、元タレント武蔵野大学法学部政治学科卒、川崎ビーチスポーツクラブアカデミー生。マネジメントは、オフィスプライヤ[1]。「新ビーチの妖精」ともいわれる[2]

来歴[編集]

宮崎県串間市出身[1]。バレーボールクラブ監督であった実父の影響で、小学1年時よりバレーボールを始める[3]。小学校卒業後は東京へ転居。中学校でもバレー部に所属し9年間バレーを経験する。母親の薦めで中学2年生から高校2年生まで芸能活動をする[4][5][6]。高校ではバレーボールを離れダンス部に入部した。タレント活動としては、『BSブランチ』での「BSブランチガール」としての活動[7]などがある。高校3年時に実父と知り合いであった瀬戸山正二に随行し観戦したビーチバレーに魅せられ、バレーボール熱が再燃した[3]

2014年、大学入学とともに、瀬戸山が理事長を務める川崎ビーチスポーツクラブビーチバレーアカデミー生となり[1]、トップアスリートを目指すことになった[3]

2015年から、本格的にJBVツアーに参戦し、同年6月に開催されたJVAビーチバレーボールシリーズA志摩大会で国内メジャー大会デビューを果たした[8]。一部マスコミでは「浅尾美和二世」の声も上がるが[6]、「将来、プロ選手になるかどうかは決めていない。」[6]「地元宮崎開催の霧島酒造オープンで優勝して、JBVツアーでトップになりたい。」[3][4][5]と語っている。

2015年11月、健康で精力的な活動を行った人に贈られる金冠堂の「キンカンAWARD2015」を受賞[9]

2016年、ペアを組む鈴木悠佳子とともにマイナビと所属契約を結んだ[10]

2021年12月1日、現役引退を発表[11]

人物[編集]

家族[編集]

  • 長女で、下に弟が4人いる(うち1人は佳穂と双子)[12]
  • 趣味は、海外ドラマや映画を観る事。[13]
  • 特技は、オーバートス、出来る選手が少ない中で、得意としている。
  • 性格は、負けず嫌い。
  • 良く聴く音楽は、BIGBANG。聴くとテンションが上がると語っている。
  • 好きな男性芸能人は、斎藤工
  • 好きな言葉は、「可能性は無限大」
  • 好きな色は、青、紺、黄。
  • 好きなファッションブランドは、ZARA
  • 週末の過ごし方は、練習に打ち込んでいる。

戦績[編集]

  • 2015年
    • JBVツアー川崎市長杯 9位
    • JBVツアー東京オープン 9位
    • JBVツアー霧島酒造オープン 9位
    • JVAビーチバレーボールシリーズA 若狭おばま大会 9位[14]
    • JVAビーチバレーボールシリーズA 大洗大会 9位[15]
    • JVAビーチバレーボールシリーズA 志摩大会 13位[8]

出演[編集]

テレビ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b c d e オフィスプライヤ. “所属アスリート”. 2015年9月28日閲覧。
  2. ^ ビーチバレー村上礼華&坂口佳穂組、長谷川暁子&二見梓組に敗れ復活戦へ”. 日刊スポーツ (2021年5月22日). 2021年5月22日閲覧。
  3. ^ a b c d 坂口佳穂. 坂口 佳穂「自分のプレーが結果に直結してくる」. インタビュアー:小泉真也. Q&A Sports,株式会社Link Sports.. http://blog.qandasports.com/post/119834752851/%E5%9D%82%E5%8F%A3-%E4%BD%B3%E7%A9%82%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%81%8C%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AB%E7%9B%B4%E7%B5%90%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B 2015年9月29日閲覧。 
  4. ^ a b 『週刊ポスト』小学館刊、2015年6月12日号 11ページ
  5. ^ a b Sports Graphic Number』文藝春秋社刊、872号 23ページ [1]
  6. ^ a b c デイリースポーツ (2015年7月17日). “坂口佳穂 ビーチバレー界に“新妖精””. 2015年10月10日閲覧。
  7. ^ BS-TBS. “BSブランチ”. 2015年10月30日閲覧。
  8. ^ a b 日本バレーボール協会. “2015JVAビーチバレーボールシリーズA 志摩大会 最終順位女子”. 2015年9月28日閲覧。
  9. ^ ““新ビーチの妖精”坂口をグッチが絶賛”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年11月18日). http://www.daily.co.jp/general/2015/11/18/0008575091.shtml 2015年11月18日閲覧。 
  10. ^ “ビーチ坂口佳穂、真っ赤なビキニユニホームで決意表明”. ウオーカープラス. https://thetv.jp/news/detail/73486/ 
  11. ^ “新ビーチの妖精”坂口佳穂が引退「東京五輪代表決定戦後、目標持てず」. 日刊スポーツ 2021年12月1日閲覧。
  12. ^ “ビーチバレー界に新ヒロイン! 初グラビア登場、坂口佳穂の笑顔が初々しすぎる! 「大学を卒業するまでには日本のトップに…」”. 週プレNEWS (集英社). (2015年9月3日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/sports/2015/09/03/53028/ 2015年11月14日閲覧。 
  13. ^ https://gqjapan.jp/woman/lady/20151011/kaho-sakaguchi
  14. ^ 日本バレーボール協会. “2015JVAビーチバレーボールシリーズA 若狭おばま大会 最終順位女子”. 2015年9月28日閲覧。
  15. ^ 日本バレーボール協会. “2015JVAビーチバレーボールシリーズA 大洗大会 最終順位女子”. 2015年9月28日閲覧。
  16. ^ 【ななみ】「I live for love」(1stアルバム「ななみ」収録)”. YouTube (2015年4月27日). 2015年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]