地獄への道は善意で舗装されている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この道の先は地獄か、それとも……

「地獄への道は善意で舗装されている」または「地獄への道は善意で敷き詰められている」(じごくへのみちはぜんいでほそうされている、英:The road to hell is paved with good intentions)はヨーロッパのことわざ格言。別の形として、「地獄は善意で満ちているが、天国は善行で満ちている」(英:Hell is full of good meanings, but heaven is full of good works)もある[1]

由来[編集]

聖ベルナルドゥス

このことわざは、第2回十字軍を推進したクレルヴォーのベルナルドゥスが「地獄は善意欲望で満ちている」("L'enfer est plein de bonnes volontés ou désirs") と書いた(1150年ごろ)ことが由来となっていると考えられている[2]。それより前に書かれたものとしては、ウェルギリウスアエネーイスで「地獄へ下るのはたやすい」("facilis descensus Averno") というのもある[3]

意味[編集]

このことわざの一般的な解釈は、「悪事または悪意は、善意によって隠されているものだ」、というものである。あるいは「善意でなされた行為であったとしても、その実行により意図せざる結果英語版が招かれる」、というものである。簡単な例でいえば、コイに代表される外来種の導入が、導入当初には予期できなかった繁殖と行動から後に迷惑行為となった[4]などである。

また、このフレーズのもう一つの意味は「個人が善意の行動を取ろうと意図していたとしても、その行動を取るのに失敗してしまう」、というものである[5][6]。この失敗は先延ばしによるものかもしれないし、怠惰やその他の破滅的な悪習かもしれない[7]。すなわちこのことわざは、善意は最後までやりきらない限り意味がないという警句となっている[8]

内的な確信が、間違った政策や行動によってなされた危害を正当化することがある。善意あるものは、その行いが集団に対して良いと信じている。それはかれらにとっては自明である。かれらはよりよい善をなしたためと信じた結果の巻き添え被害を正当化する。例えば、ナチスの強制収容所は、ドイツ社会のいわゆる「人種的に望まれざる要素」を収容するために作られた。また、グラグプロレタリア独裁に寄与しない、忠誠心のない分子を隔離するために導入された。あるいは異端審問は信仰に篤い国で異端者を根絶するために設置された。これらのように、なされた害が明白に見えていて、かつ認識されていても、「払うだけの価値があった」として忘れ去られてしまう。

個人レベルで言えば、主観的に「善行」をなすことによって、結果的にその人が精神的・肉体的にひどい状態に陥ることもありうる。例えば国を守るために良かれと思って戦争に赴いた兵士が、最終的にPTSDになるなどがそうであるといえる。

研究[編集]

ピーター・ゴルヴィツァー(Peter Gollwitzer)、パスカル・シーラン(Paschal Sheeran)、シェイナ・オーベル(Sheina Orbell)らによって実施された、タスク完結に対する意図の効果についての心理学的研究では、このフレーズにはいくばくかの真実が含まれていることを示している[9]完璧主義者は特に、意図が裏目に出る傾向にある[10]。人は、自分の行為が他者の行為よりも、より善意によるものだと解釈する傾向にある、と主張する人もいる[11]

集団の倫理的な行動を改善しようとする試みは、よく失敗に終わることが多い。そういった試みとして法律の制定を利用すると、人々は望ましい行動に改善するよりも、法の条文をそのまま遵守しようとする。交渉において、他者の視点を理解するように促されたグループは、指示を受けなかった人に比べて成績が悪かった。刑罰への恐れが、行動をより道徳的であるよりも、より道徳的でない方にさせる可能性もある[12]企業倫理についての研究によれば、ほとんどの誤ちは、悪意に直接に由来するものではなく、むしろ過ちを犯すと予期していなかった人によってなされるという[13]

利他主義についてスティーブン・ガラード・ポストはこう書いている。善意というものは、えてして見かけ通りのものではなく、人類はふつう表向きの理由ほど立派ではない、利己的な動機で行動する――「もし地獄への道が善意で舗装されているとすれば、その理由の一つは、大抵の人が選ぶのがまさにそのような道だからだ」[14]

アートにおける言及[編集]

この成句を使った作家には、シャーロット・ブロンテバイロンサミュエル・ジョンソン[15] 、サミュエル・テイラー・コールリッジウォルター・スコット[16] 、セーレン・キェルケゴール[17]カール・マルクス[18]などがいる。

映画『地獄のハイウェイ英語版』では、あるシーンでこの成句が文字通りの意味で使われている。“The Good Intentions Paving Company” (善意舗装会社)では何人ものアンディ・ウォーホルがチームにいて、善意の魂をすり潰して舗装に替えているのである。ある魂は「夫の社会人としてのキャリアを伸ばすために夫の上司とも寝た」と言っている[19]。何人かのキャラクターが主役ふたりに「地獄への道」の路上で手助けを申し出ているため、このフレーズの比喩的な意味もまた脚本の主要な部分になっているといえる。とはいえそれらの登場人物にははすべて隠れた動機があった。

オジー・オズボーンは、アルバム「ダイアリー・オブ・ア・マッドマン」に収録されている「トゥナイト」でこの言葉を使っている。ピンクは2006年の曲 "Dear Mr. President" のなかで、落ちこぼれをつくらないための初等中等教育法(en:No Child Left Behind Act、NCLB法)に言及してこの成句を用いている。マドンナは、11枚目のオリジナルアルバム「ハード・キャンディー」からシングルカットされた2008年のシングル "4 Minutes"でこのフレーズを使っている。同作ではジャスティン・ティンバーレイクティンバランドと共演した[20]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “the road to Hell is paved with good intentions”, Proverbs, Infobase Publishing, (2007), p. 234, ISBN 9780816066735 
  2. ^ Ammer, Christine (1997), The American Heritage dictionary of idioms, ISBN 9780395727744, https://books.google.com/books?id=9re1vfFh04sC&pg=PA542 
  3. ^ Mawr, Mrs E. B. (1885), “Hell is paved with good intentions”, Analogous Proverbs In Ten Languages, Elliot Stock 
  4. ^ Kalman, Izzy (August 16, 2010), “Principle Number One: The Road to Hell is Paved with Good Intentions”, Psychology Today, Resilience to Bullying, http://www.psychologytoday.com/blog/psychological-solution-bullying/201008/principle-number-one-the-road-hell-is-paved-good-intenti 
  5. ^ The road to hell is paved with good intentions (Third ed.). Dictionary.com/Houghton Mifflin Company. (2005). http://dictionary.reference.com/browse/the+road+to+hell+is+paved+with+good+intentions 2013年3月28日閲覧。. 
  6. ^ The road to hell is paved with good intentions (Third ed.). Dictionary.cambridge.org/Cambridge University Press. (2008). http://dictionary.cambridge.org/dictionary/british/the-road-to-hell-is-paved-with-good-intentions 2013年3月28日閲覧。. 
  7. ^ Collis, Harry; Risso, Mario (1992), “The Road to Hell is Paved with Good Intentions”, 101 American English proverbs: understanding language and culture through commonly used sayings, Lincolnwood, Ill: Passport Books, ISBN 9780844254128, https://books.google.com/books?id=PGiREb_p238C&pg=PA33 
  8. ^ Bowden, Charles L., editor; Burstein, Alvin George, editor (1983). Psychosocial Basis of Health Care. Williams & Wilkins. p. 98. ISBN 0-683-00993-1. CS1 maint: Extra text: authors list (link)
  9. ^ Gollwitzer, Peter; Sheeran, Paschal (2006-05-30), “Implementation intentions and goal achievement”, Advances in Experimental Social Psychology, 38, ISBN 9780120152384, https://books.google.com/books?id=9Qhwr7jGyFsC&pg=PA70 
  10. ^ Powers, T. A. (2005), “Implementation Intentions, Perfectionism, and Goal Progress: Perhaps the Road to Hell Is Paved With Good Intentions”, Personality and Social Psychology Bulletin 31 (7): 902–912, doi:10.1177/0146167204272311, http://psp.sagepub.com/cgi/content/abstract/31/7/902 
  11. ^ Kruger, Justin; Gilovich, Thomas (2004), “Actions, Intentions, and Self-Assessment: The Road to Self-Enhancement Is Paved with Good Intentions”, Personality and Social Psychology Bulletin 30 (3): 328–339, doi:10.1177/0146167203259932, PMID 15030624, http://psp.sagepub.com/content/30/3/328.abstract 
  12. ^ Messick, David (2006-07-11), “The Road to Hell”, Ethics in groups, 8, pp. 273–274, ISBN 9780762313006, https://books.google.com/books?id=cEu7eyQEZPcC&pg=PA273 
  13. ^ Nash, Laura L. (1993), Good intentions aside: a manager's guide to resolving ethical problems, ISBN 9780875844299, https://books.google.com/books?id=oV9wdAJWyG4C&pg=PA11 
  14. ^ Post, Stephen Garrard (2002), Altruism & altruistic love, Oxford University Press, p. 203, ISBN 9780195143584 
  15. ^ "Hell is paved with good intentions." April 14, 1775 Boswell, James (1791). Life of Samuel Johnson. II. 
  16. ^ Pell, Robert Conger (1857), Milledulcia, p. 89, https://books.google.com/books?id=BvYkAAAAMAAJ&pg=PA89 
  17. ^ Kierkegaard, Soren. (2013), Kierkegaard's Writings, XVI: Works of Love, Princeton University Press, p. 94, ISBN 9781400847013
  18. ^ Marx, Karl. “Seven, Section 2”. 資本論 The Production of Surplus-Value  — Der weg zur Hölle ist jedoch mit guten Absichten. One. http://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/ch07.htm 2014年2月25日閲覧。. 
  19. ^ Muir, John Kenneth (2011), Horror Films of the 1990s, McFarland, p. 236, ISBN 9780786440122 
  20. ^ (英語) Madonna (Ft. Justin Timberlake & Timbaland) – 4 Minutes, https://genius.com/Madonna-4-minutes-lyrics 2017年7月20日閲覧。 

関連項目[編集]