土岐頼次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土岐 頼次(とき よりつぐ、天文14年(1545年) - 慶長19年11月10日1614年12月10日))は、戦国武将江戸時代初期の旗本土岐頼芸の次男。生母は六角定頼の娘。弟に頼元通称は小次郎[1]、二郎、左馬助、見松。

兄・土岐頼栄が父によって廃嫡されたため、土岐氏の後継者に選ばれた。父とともに斎藤道三によって美濃を追われた後は大和松永久秀を頼った。その後、豊臣秀吉馬廻として仕え、1587年河内古市郡内に500石を与えられた。さらに、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは東軍に属し、本領を安堵されて、旗本になった。慶長19年(1614年)11月10日、伏見において死去、70歳。

正妻は湯島武房の娘。長男頼勝、二男頼高、三男頼泰ら3男1女あり。長男頼勝の子孫は高家旗本として、三男頼泰の子孫は旗本として幕府に仕えた。

なお、元禄14年(1701年)に発生した江戸城中で浅野長矩吉良義央に切りかかった赤穂事件の際に長矩を取り押さえた梶川頼照は、頼次の三男頼泰の子である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「村山文書」所収、天文19年または20年11月5日付け織田寛近からの書状で使用、桑田忠親『斎藤道三』1973年 新人物往来社