土岐頼元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土岐 頼元(とき よりもと、? - 慶長13年10月19日1608年11月26日))は、土岐頼芸の四男。生母は六角定頼の娘。兄に頼次。別名は頼重。斎藤頼元とも。通称は五郎左衛門、越前守、号は道庵。

経歴[編集]

父・頼芸が追放されたとき、幼少だったために斎藤家の扶助を受けることを許された。斎藤家滅亡後は各地を転々とし、武田家豊臣家、そして徳川家に仕えて、土岐氏の家名を存続した。豊臣秀吉から河内古市郡内に500石を与えられた。関ヶ原の戦い後は徳川家康に仕えて、美濃国内に知行を与えられたという。隠居後は道庵と称した。『寛政重修諸家譜』によれば、慶長13年(1608年)10月19日死去、年齢不詳とする。土岐家は息子持益が相続した。なお、頼元は斉藤姓を称し、息子持益が土岐姓に戻したという。