土屋利直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
土屋 利直
時代 江戸時代前期
生誕 慶長12年(1607年
死没 延宝3年閏4月24日1675年6月17日
改名 平八郎(幼名)→利直
戒名 普乾院殿俊林道英大居士
墓所 東京都台東区松が谷海禅寺
官位 従五位下、民部少輔
幕府 江戸幕府
上総久留里藩
氏族 土屋氏
父母 父:土屋忠直、母:森川氏俊の娘
兄弟 利直数直之直
正室:永井直勝の娘
継室:松平正綱の養女
直樹相馬忠胤喬直
娘(内藤政晴正室)、娘(水野忠増正室)
娘(松平信定正室)

土屋 利直(つちや としなお)は、江戸時代前期の大名上総久留里藩の2代藩主。弟に常陸土浦藩土屋数直

生涯[編集]

慶長12年(1607年)、初代藩主・土屋忠直の長男として生まれる。慶長17年(1612年)、父の死去にともない家督を継いで藩主となった。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣にも加わったが、幼少のため家臣を代理として参陣させ、相模小田原城と箱根関所の警備を務めた。

元和7年(1621年)からは2代将軍徳川秀忠の近習となり、従五位下民部少輔に叙位・任官する。寛永13年(1636年)、同19年(1642年)、慶安2年(1649年)には大坂加番に任じられている。

延宝3年(1675年)閏4月24日に死去、享年69。跡を長男の直樹が継いだ。

なお、正徳の改革を牽引した新井白石の父・正済は、利直に目付として仕えており、利直は幼いが聡明な伝蔵(白石)のことを「火の子」とよんで可愛がったという。