土屋喬直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土屋 喬直(つちや たかなお、寛文6年(1666年) - 享保10年8月23日1725年9月29日))は、江戸時代旗本土屋利直の三男。通称、数馬・刑部。初名は宗直。兄に土屋直樹相馬忠胤。子に土屋安直土屋縄直土屋倫直、娘に三浦明喬室(土屋政直養女)、滝川利章室(後に離縁して松田貞居室)、小栗正辰室がいる。

延宝3年(1675年)に兄の土屋直樹襲封にあたり、上総国市原郡の新墾田2000石を分知され旗本となった。その後、延宝7年(1679年)に下総国相馬郡川原代村のほか、常陸国河内郡茨城郡内に移された。書院番などを歴任。宝永7年(1710年)、幕府巡見使にとして九州各地に赴く。この時に河合曾良が随員として同行している。墓所は君津市久留里の円覚寺。