国際鉄道連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際鉄道連合
Union Internationale des Chemins de fer
Internationaler Eisenbahnverband logo.svg
略称 UIC
設立 1922年10月17日(97年前) (1922-10-17
本部 フランスパリ
会員数
200[1]
公用語 フランス語 - 英語 - ドイツ語
会長 ジアンルイジ・カステリ (FS)(2020年5月現在)[2]
ウェブサイト uic.org
テンプレートを表示
国際鉄道連合のメンバー国(2007年)

国際鉄道連合(こくさいてつどうれんごう、フランス語: Union Internationale des Chemins de fer、略称:UIC英語: International Union of Railways)は、世界各国の鉄道事業者によって組織される国際的機関である。世界鉄道連合(せかいてつどうれんごう)とも呼ばれる。

概要[編集]

鉄道技術に関する国際的な標準の確立や、国際列車運行の推進、鉄道運営に関わるサポートなどを行う。

本部はフランスパリ

加盟している鉄道事業者は主として、各国の国有鉄道、あるいは民営化された旧国有鉄道となっている。

第一次世界大戦後の1922年に、国際列車運行の円滑化や、鉄道技術の標準化を目的に、主にヨーロッパ各国の鉄道事業者(22カ国51鉄道事業者)によって組織され、発足した。日本(当時は「鉄道省」)は、発足当初から加盟している。

2014年4月現在、世界の約200団体(準会員、賛助会員を含む)が、UICのメンバーとなっている[3]。日本の鉄道事業者では、JR東日本JR東海JR西日本JR貨物JR総研の5事業者が参加している。

理事会・総会が年2回開かれ、前年度の決算・活動報告に加え、予算やプロジェクトの進め方を議論、決定する場となっている。運行管理と列車制御については、事例報告を交えた話し合いを行う、UIC世界信号会議が、2年に1度開催されている。また、高速鉄道については、UIC世界高速鉄道会議が、数年に1度開催されている。

UICが定めた規格として「UIC規格」がある。

2009年4月1日から2012年7月末まで、JR東日本の副会長である石田義雄が、日本人として初めてUIC会長を務めた[4][5]。2010年6月9日・10日には、理事会・総会が日本で初めて開かれた[6]。これと同時に、UIC第2回世界信号会議が、7~9日にUICとJR東日本の共催で開かれた[7]。2015年7月7日から10日まで、JR東日本とUICの共催による第9回UIC世界高速鉄道会議が、東京国際フォーラムで開催された[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [:fr]
  2. ^ Executive Board UIC”. uic.org. 2020年5月10日閲覧。
  3. ^ 交通新聞』2014年4月9日付。
  4. ^ 「米鉄道建設計画発表受け、車両メーカー株が上昇」米鉄道建設計画発表受け、車両メーカー株が上昇ロイター通信MOTORING NEWSAPRIL 17, 2009 / 3:19 PM
  5. ^ [1]。2012年にJR東日本副会長を退任するとともにUIC会長も退任したため、後任として、JR東日本会長の清野智が、2012年年末の石田の任期満了時までUIC会長を務めた。『交通新聞』2012年7月19日付)。
  6. ^ 『交通新聞』2010年6月7日・14日付。場所は東京駅日本橋口サピアタワー内の東京ステーションコンファレンス。
  7. ^ [2]
  8. ^ [3]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]