和泉伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
和泉伸一
(いずみ しんいち)
居住 日本の旗 日本
研究分野 言語学
出身校 東京国際大学国際学科卒業
南イリノイ大学大学院
修士課程修了
ジョージタウン大学大学院
博士後期課程修了
主な業績 アウトプット仮説の検証
日本における英語教育への
フォーカス・オン・フォーム
の導入
プロジェクト:人物伝

和泉 伸一(いずみ しんいち、1966年 - )は、日本の言語学者上智大学外国語学部英語学科教授。応用言語学博士。専門は第二言語習得研究と英語教育

来歴[編集]

神奈川県小田原市に生まれる。東京国際大学教養学部国際学科卒業。在学中、南オレゴン州立大学政治学の学位を取得。南イリノイ大学カーボンデール校大学院修士号修了(応用言語学)、ジョージタウン大学大学院博士課程修了(応用言語学)。Ph.D

南イリノイ大学日本語講師、ジョージタウン大学言語学講師をつとめる。10年余りアメリカにおいて研究及び教育活動に従事した後、2000年度より上智大学外国語学部英語学科 にて教鞭を取る。

日本を代表する第二言語習得研究者で、学術論文は著名な国際学術雑誌に数多く掲載されている。現在は主に第二言語習得の認知的研究を基に、「フォーカス・オン・フォーム」の日本の英語教育における応用の可能性を探っている。

著書[編集]

  • 『「フォーカス・オン・フォーム」を取り入れた新しい英語教育』(大修館書店 2009年10月)
  • 『CLIL(内容言語統合型学習):上智大学外国語教育の新たなる挑戦 第1巻 原理と方法』(上智大学出版 2011年)
  • 『CLIL(内容言語統合型学習):上智大学外国語教育の新たなる挑戦 第2巻 実践と応用』(上智大学出版 2012年)
  • 『The encyclopedia of Second Language Acquisition. Focus on form』(Peter Robinsonとの共著、英国ラウトレッジ 2013年)
  • 『The encyclopedia of Second Language Acquisition. Output hypothesis』(Peter Robinsonとの共著、英国ラウトレッジ 2013年)
  • 『第2言語習得と母語習得から「言葉の学び」を考える』(アルク出版 2016年)

学術論文[編集]

  • Universals, Methodology, and Instructional Intervention on Relative Clauses. Studies in Second Language Acquisition (和泉 伸一) 29/2, 351-359 2007年
  • Izumi, Y. & Izumi, S. Investigating the effect of oral output on the learning of relative clauses in English: Issues in the psycholinguistic requirement for effective output tasks Canadian Modern Language Review (和泉 伸一) 60/5, 587-609 2004年
  • Processing difficulty in comprehension and production of relative clauses by learners of English as a second language Language Learning (和泉 伸一) 53/2, 285-323 2003年
  • Comprehension and production processes in second language learning: In search of the psycholinguistic rationale of the Output Hypothesis Applied Linguistics (和泉 伸一) 24/2, 168-196 2003年
  • Output, input enhancement, and the Noticing Hypothesis: An experimental study on ESL relativization Studies in Second Language Acquisition (和泉 伸一) 24/4, 541-577 2002年
  • Implicit negative feedback in adult NS-NNS conversations: Its availability, utility, and the discourse structure of the information gap task. Applied Language Learning (和泉 伸一) 11/2, 289-321. 2000年
  • Does output promote noticing and second language acquisition? TESOL Quarterly (和泉 伸一) 34/2, 239-278. 2000年
  • Testing the output hypothesis: The effects of output on noticing and second language acquisition. Studies in Second Language Acquisition (和泉 伸一) 21/3, 421-452. 1999年

社会活動[編集]

  • 『中学校用検定英語教科書 New Horizon 1, 2, 3』 作成メンバー(2006年 - 2011年)東京書籍
  • 『中学校用検定英語教科書 New Horizon 1, 2, 3』 代表者会議メンバー(2012年-2014年)東京書籍

外部リンク[編集]