第二言語習得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第二言語習得(だいにげんごしゅうとく、英語:second-language acquisition)は、人々が第二言語を学ぶプロセスやメカニズム、およびこれらを研究する学問分野。第二言語習得の分野は応用言語学の一分野とみなされるが、心理学教育学など他の様々な分野からも研究の注目を集めている。

第二言語習得研究の中心的なテーマは、「学習者が使用する言語は、学習者が既に知っている言語と学習中の言語の違いだけではなく、それ自体が完全な言語システムであり、独自の体系的なルールを持っている」という「中間言語」の解明である。この中間言語は、学習者が対象言語に触れることで徐々に発達していく。学習者が新しい言語の特徴を獲得する順序は、母国語が異なる学習者であっても、また言語指導を受けたことがあるかどうかにかかわらず、驚くほど一定である。しかし、学習者がすでに知っている言語は、新しい言語の学習過程に大きな影響を与えることがある。この影響は言語転移(language transfer)として知られている。

学習者がどのようにして新しい言語を習得するのかについての研究は、さまざまな分野にわたっている。例えばSLA研究の認知的アプローチでは、言語習得を支える脳内プロセス、例えば、言語に注意を払うことが学習能力にどのように影響するのか、言語習得が短期記憶長期記憶にどのように関係しているのかを扱う。社会文化的アプローチは、SLAが純粋に心理学的な現象であるという概念を否定し、社会的な文脈(SLAに影響を与える重要な社会的要因としては、イマージョンのレベル、L2コミュニティとのつながり、性別など)で説明しようとする。言語学的アプローチでは、言語を他の種類の知識から切り離して考え、言語学の広範な研究から得られた知見をSLAを説明するために利用する。

定義[編集]

第二言語とは、第一言語に加えて学習した言語のことであり、この概念は第二言語習得と名付けられているが、第三言語、第四言語、またはそれ以降の言語の学習も含むことができる。学習される言語は「目標言語 (TL) 」「L2」などと呼ばれる。第二言語習得自体も「SLA」「L2習得」などと言われることもある。アメリカのスティーヴン・クラッシェン(Stephen Krashen)によって、習得という用語はもともと学習過程の無意識的な性質を強調するために使われていたが、近年では学習と習得はほぼ同義語となっている。また第二言語習得研究は、科学としての第二言語の学習プロセスやメカニズムの解明であり、言語教育の実践を意味しない。したがってこの学問分野に対して「効率の良い言語学習法を解明する学問分野」という説明は誤りである(もちろん、第二言語習得研究者が同時に言語教育研究も対象にしていたり、第二言語習得研究の成果を教育に応用しようとすることはある)。


研究分野の位置づけ[編集]

第二言語習得の学問分野は、応用言語学の下位分野とみなされる。この学問分野は広く、比較的新しい。第二言語習得は、言語学の様々な分野と同様に、心理学、認知心理学、教育と密接に関連する学際的分野である。

SLA研究は学際的な分野として始まったため、正確な開始時期を特定することは困難である。 しかし、特に2つの論文は、現代のSLA研究の発展に大きく貢献したと考えられている。 それは、ピット・コーダーの1967年の論文『The Significance of Learners' Errors』とラリー・セリンカーの1972年の論文『Interlanguage』である。今日、この分野における重要なアプローチとしては、体系的機能言語学、社会文化理論認知言語学ノーム・チョムスキー普遍文法、技能習得理論、コネクショニズムなどがある(第二言語習得の理論」も参照)。

第一言語習得(母語獲得)との違い[編集]

第二言語を学ぶ大人は、第一言語を学ぶ子供とはいくつかの点で異なる。まず、子供はまだ脳が発達しているのに対し、大人は成熟した頭脳を持っていること、大人は少なくとも第一言語を持っていることである。大人の第二言語学習者の中には、非常に高いレベルに達する人もいるが、発音は訛りが残る傾向がある。学習者の言語発達が停滞することを「化石化」と呼ぶ。

第二言語学習者が発話で犯す誤りの中には、第一言語に由来するものがある。例えば、英語を学習しているスペイン語話者は、文の主語を省くことがしばしば起こる。このような第一言語の第二言語への影響は、否定的言語転移(negative language transfer)と呼ばれている。しかし、英語を学習しているフランス語話者は、"It is raining "で "it "を省略するという同じ間違いを犯すことはあまりない。これは、スペイン語では代名詞(pronominal)文の主語と非人称(impersonal)文の主語が省略されることがあるが、フランス語では省略されないからである[1]。もちろん、すべての誤りが同じ方法で発生するわけではない。同じ母語を持つ2人の個人が同じ第二言語を学習していても、母語の異なる部分を利用する可能性がある。同様に、この2人は、異なる形式の文法においてネイティブに近い流暢さを身につけているかもしれない[2]

また、第2言語を学ぶと、母語の話し方にまで影響を及ぼすことがある。このような変化は、発音や構文、ジェスチャーや、学習者のみが気付きがちな言語の特徴に至るまで、言語のあらゆる側面で起こりうる[3]。 例えば、第2言語として英語を話していたフランス語話者は、フランス語の/t/音の発音がモノリンガルのフランス語話者とは異なったり[4]、英語話者は、韓国語を学び始めた後、英語の/p t k/音と英語の母音の発音が変化したりする[5]。 このような第二言語の第一言語への影響をもって、ヴィヴィアン・クックは、人が話す異なる言語をに対して別々のシステムを仮定するのではなく、心の中で関連するシステムとして捉えるマルチコンピタンスの考え方を提案した[6]

言語喪失[編集]

また、ある言語に触れたり使用したりすることの欠如によって引き起こされる言語の習熟度の低下を「言語喪失」と呼ぶ [7]言語喪失」も参照)。 学習者のL2は使用されなくなって突然失われるのではなく、そのコミュニケーション機能がゆっくりとL1の機能に取って代わられるのである[8]

第二言語の習得と同様に、喪失は段階的に起こる。しかし、回帰仮説(regression hypothesis)によれば、第二言語習得とは逆の順序で段階的な喪失が起こる。獲得時には、受容的技能が最初に発達し、次に生産的技能が発達し、喪失時には、生産的技能が最初に失われ、次に受容的技能が発達する[8]

第二言語習得の理論・モデル[編集]

第二言語習得研究者[編集]

日本人研究者[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

  • バトラー後藤裕子
  • 馬場今日子
  • 原田哲男
  • 廣森友人
  • 藤森弘子

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]


その他の国の第二言語習得研究者[編集]

ア行[編集]

カ行[編集]

サ行[編集]

タ行[編集]

ナ行[編集]

ハ行[編集]

マ行[編集]

ヤ行[編集]

ラ行[編集]

ワ行[編集]


参考文献[編集]

  • 迫田久美子 (2002) 『日本語教育に生かす第二言語習得研究』 アルク
  • 白井恭弘 (2004) 『外国語学習に成功する人、しない人〜第二言語習得論への招待〜』 岩波書店
  • 山岡俊比古 (1997) 『第2言語習得研究』 桐原ユニ
  • パッツィ・M.ライトバウン (著), ニーナ・スパダ (著), 白井 恭弘 (翻訳), 岡田 雅子 (翻訳) (2014) 『言語はどのように学ばれるか――外国語学習・教育に生かす第二言語習得論』 岩波書店

脚注

  1. ^ Cook 2008, p. 13.
  2. ^ Monika S. Schmid (2014) The Debate on Maturational Constraints in Bilingual Development: A Perspective from First-Language Attrition, Language Acquisition, 21:4, 386-410, DOI: 10.1080/10489223.2014.892947
  3. ^ Cook 2008, p. 232.
  4. ^ Flege 1987.
  5. ^ Chang 2012.
  6. ^ Cook 2008, p. 15.
  7. ^ Loewen & Reinders 2011.
  8. ^ a b Hansen 1999, pp. 3–10.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

第二言語の習得プロセスの理解とそれにかかわる学習者の個別要因、学習をとりまく環境要因の関連性を総合的に研究する分野としての言語教育学について述べられている。