第二言語習得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第二言語習得(だいにげんごしゅうとく、英語:second-language acquisition)は、学習者が母語の次に言語を学ぶ過程を科学的に解明する学問で、心理学、言語学、教育学などの学際領域である。広義には教授法も含まれる。

第二言語という用語は、第三言語以降の習得も含め、児童期の初期以降に習得し始める言語を意味する。学習される言語は「目標言語 (TL) 」「L2」などと呼ばれる。第二言語習得自体も「SLA」「L2習得」などと言われることもある。

「言語習得」という用語は、アメリカのスティヴェン・クラッシェン(Stephen Krashen)によって、それが形式的「学習」や構造的「学習」との間で対比的に用いられてから、一般的に使用されるようになった。今日、ほとんどの研究者は、クラッシェンの研究に直接言及することがない限り、「言語学習」と「言語習得」という言葉を互換的に用いている。しかしながら「第二言語習得」という言葉は、この研究領域において頻繁に使用される用語として、「第二言語学習」という表現を抑えて、確立された。第二言語習得は、応用言語学の1分野に見なされることが多い。

第二言語習得のモデル[編集]

第二言語習得の著名な日本人研究者[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

  • 馬場今日子
  • 原田哲男
  • 平井明代
  • 廣森友人

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

参考文献[編集]

  • 迫田久美子 (2002) 『日本語教育に生かす第二言語習得研究』 アルク
  • 白井恭弘 (2004) 『外国語学習に成功する人、しない人〜第二言語習得論への招待〜』 岩波書店
  • 山岡俊比古 (1997) 『第2言語習得研究』 桐原ユニ
  • パッツィ・M.ライトバウン (著), ニーナ・スパダ (著), 白井 恭弘 (翻訳), 岡田 雅子 (翻訳) (2014) 『言語はどのように学ばれるか――外国語学習・教育に生かす第二言語習得論』 岩波書店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

第二言語の習得プロセスの理解とそれにかかわる学習者の個別要因、学習をとりまく環境要因の関連性を総合的に研究する分野としての言語教育学について述べられている。