名護明彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名護 明彦
基本情報
本名 名護 明彦
階級 スーパーフライ級 - フェザー級
身長 166cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1976-09-26) 1976年9月26日(41歳)
出身地 沖縄県那覇市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 29
KO勝ち 15
敗け 7
引き分け 1
テンプレートを表示

名護 明彦(なご あきひこ、1976年9月26日 - )は、日本プロボクサー沖縄県那覇市出身。第21代日本スーパーフライ級王者。興南高等学校卒業。

人物[編集]

アマチュア時代の1994年全日本高校チャンピオン全国高等学校ボクシング選抜大会準優勝・わかしゃち国体優勝の実績を残し、高校卒業後、元世界王者の白井義男具志堅用高氏が共同経営を行っている白井・具志堅スポーツジムにスカウトされ入門。佐藤修とは当時から親友。

具志堅2世として、デビュー時から注目を集めていた。その期待に応えるようにKO勝ちで日本王座を獲得し、無敗で世界挑戦まで辿り着いた。しかし、世界戦で戸高秀樹に敗れてからは精彩を欠き、消極的な試合が目立つようになる。

徳山昌守に敗れた後、指導方針の違いから具志堅会長と決別。その後、ジムを移籍したものの白星と黒星を繰り返すうちに日本ランキングからも外れてしまった。

主な入場曲はディアマンテスの「勝利のうた」。

来歴[編集]

1995年9月18日、竹内浩一に4R判定勝ちでプロデビュー。

1998年3月9日、日本スーパーフライ級王者の松倉義明に挑戦。9RKO勝ちを収め、日本王座を獲得。

1998年7月20日、村越裕昭に10R判定勝ちし、日本王座の初防衛に成功。

1998年10月25日、元世界王者の山口圭司に判定勝ちし、日本王座2度目の防衛に成功。世界挑戦に専念するため、12月17日に日本王座を返上。

1999年11月7日、WBA世界スーパーフライ級王者戸高秀樹に挑戦。12R判定負けを喫し、世界王座の獲得に失敗した[文献 1]

2000年12月12日、WBC世界スーパーフライ級王者徳山昌守の王座に挑戦。ダウン応酬の末、12R判定負けを喫した[文献 2]

2002年2月5日、大竹重幸田中敏朗をはじめとする関係者の尽力で全日本パブリックボクシングジムに移籍し、トーンチャルン・オー・スワンナシンと対戦。8R判定負けを喫した。その後高校の先輩である渡久地隆人(ピューマ渡久地)の教えを乞う。

2003年4月25日、元世界王者のヨックタイ・シスオーと対戦し、10R判定負け。

2004年12月8日、元日本王者の瀬川設男とサバイバルマッチを行い、10R判定勝ち。瀬川はこの試合を最後に引退。

2005年11月26日、高吉勝之と対戦し、8R判定負け。この後、日本ランクから外れた。

2006年9月18日、スーパーバンタム級で斎藤憲一と約10か月ぶりの試合を行い、8R判定勝ちを収めた。

2007年3月20日、元日本ライトフライ級王者で世界挑戦経験者の本田秀伸と対戦。戦前は圧倒的不利を予想されていたが、2-0の判定で勝利。この後、日本バンタム級8位にランクされた。

2007年12月18日、アマチュア時代の亀田興毅のライバルだった山口憲一との54.5kg契約8回戦に3-0の判定勝ちを収めた。この後1年半試合がなく、再び日本ランクから外れた。

2009年5月21日、サクラメントアルコ・アリーナでファン・ホセ・ベルトラン(メキシコ)とフェザー級6回戦を行い、0-3の判定負けを喫した。

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:54戦48勝(27KO・RSC)6敗[文献 3]
  • プロボクシング:35戦28勝(15KO)6敗1分

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 名護明彦 プロフィール 名護明彦ウェブサイト

参考文献[編集]

  • ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  1. ^ 145頁下段
  2. ^ 147頁下段
  3. ^ 297頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
松倉義明
第21代日本スーパーフライ級王者

1998年3月9日 - 1998年12月17日(返上)

空位
次タイトル獲得者
柳光和博