吉田信太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 信太(よしだ しんた、1870年3月27日明治3年2月26日) - 1954年12月24日[1])は、日本の音楽教師、作曲家宮城県仙台市出身。1894年に東京音楽学校本科師範部卒業。横浜在住時にルドルフ・ディットリヒに師事[1]

東京音楽学校分教場、広島高等師範学校(1902年 - 1913年[1])、神奈川県立第一中学校神奈川県立第三中学校神奈川県立高等女学校東京女子高等師範学校などで教鞭を執る。後に、神奈川県視学[2]

作品[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 細川周平片山杜秀 監修 『日本の作曲家 近現代音楽人名事典』 日外アソシエーツ、2008年、729頁。ISBN 978-4-8169-2119-3
  2. ^ チャリティーコンサート よこはまの歌 〜唱歌「港」〜”. 横浜童謡協会 (2009年). 2011年8月21日閲覧。[リンク切れ]