吉川元忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吉川元忠
生誕 (1934-06-29) 1934年6月29日
日本の旗 日本 兵庫県
死没 (2005-10-26) 2005年10月26日(71歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 サセックス大学
コロンビア大学
聖学院大学
神奈川大学
研究分野 国際金融論
母校 東京大学
テンプレートを表示

吉川 元忠(きっかわ もとただ、1934年6月29日 - 2005年10月26日)は、日本の経済学者。専門は国際金融論。兵庫県出身。

来歴・人物[編集]

1953年都立日比谷高校、1958年東京大学法学部卒業。日本興業銀行に入行。同行産業調査部副部長などを歴任。その後サセックス大学コロンビア大学客員教授に就任。聖学院大学政治経済学部教授を経て、1995年より神奈川大学経済学部教授。2005年3月退職。

著書『マネー敗戦』でバブル崩壊後の日本経済の低迷を日米マネー戦争の敗北の結果であると論じ、大きな話題となる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ブッシュでアメリカは救えるか―「変わる世界」と日米関係』 (時事通信社、1988年)
  • 『アメリカの産業戦略』 (東洋経済新報社、1990年)
  • 『YENは日本人を幸せにするか』 (日本放送出版協会、1997年)
  • 『マネー敗戦』 (文藝春秋、1998年)
  • 『経済覇権―ドル一極体制との訣別 』 (PHP研究所、1999年)
  • 『マネー戦略―かくて日本経済は甦る』 (PHP研究所、2000年)
  • 『情報エコノミー』 (文藝春秋、2001年)
  • 『マネー敗戦の政治経済学』 (新書館、2003年)
  • 『経済敗走』 (筑摩書房、2004年)
  • 『円がドルに呑み込まれる日』 (徳間書店、2005年)

共著[編集]