千頭ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千頭ダム
千頭ダム
左岸所在地 静岡県榛原郡川根本町千頭
右岸所在地 静岡県榛原郡川根本町千頭
位置
河川 大井川水系寸又川
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 64.0 m
堤頂長 177.7 m
堤体積 127,000
流域面積 132.0 km²
湛水面積 25.0 ha
総貯水容量 4,950,000 m³
有効貯水容量 4,349,000 m³
利用目的 発電
事業主体 中部電力
電気事業者 中部電力
発電所名
(認可出力)
湯山発電所 (22,200kW)
施工業者 間組
着工年/竣工年 1930年/1935年
出典 『ダム便覧』千頭ダム [1]
テンプレートを表示
砂で埋まりつつある千頭ダム[1]

千頭ダム(せんずダム)は静岡県榛原郡川根本町千頭、一級河川大井川水系寸又川に建設されたダム。高さ64メートルの重力式コンクリートダムで、中部電力発電用ダムである。同社の水力発電所・湯山発電所に送水し、最大2万2,200キロワットの電力を発生する。

沿革[編集]

日英水力による小山発電所の稼働で始まった大井川の水力発電開発は、その後事業者の変遷を経て大井川電力や富士電力が実施する事となった。大井川の最上流部では1928年(昭和3年)に早川電力により田代ダムが建設され、大井川水系でもダム式発電所の建設が始まった。富士電力は大井川上流部の最大支川である寸又川に注目、最上流部にダムを建設し当時としては大容量の水力発電所を建設する計画を立てた。寸又峡で知られる寸又川は切り立った断崖が急流を形成する河川であり、水力発電には好適地であった。

1930年(昭和5年)、現在の地点に高さ64.0mの重力式コンクリートダムを建設し、ダムより8.0km下流に発電所を設けて認可出力22,200kWの電力を生成することとした。ダム・発電所建設資材は大井川鐵道を延伸させて運搬することになり、これに基づき翌1931年(昭和6年)大井川鐵道は千頭駅まで延伸され、金谷駅~千頭駅間44.0kmの大井川本線が全通した。千頭駅より寸又峡温泉を経由しダムへ至る千頭森林鉄道を建設してダム地点まで資材を運搬するルートを建設した後1932年(昭和7年)に着工。3年の歳月を掛け1935年(昭和10年)に完成した。この間、寸又峡温泉はダム建設に従事する労働者によって賑わっている。

千頭ダムは当時東海地方では最も堤高が高いダムであり、現在では土木学会による「選奨土木遺産」に選ばれている。井川ダムが完成するまでは大井川水系最大級のダムであった。ダムの管理は1939年(昭和14年)の「電力統制法」施行によって日本発送電に強制的に移管され、戦後1950年(昭和25年)の電力事業再編によって日本発送電が分割された後は中部電力に移管され、現在に至る。

寸又川の電源開発はその後も継続され1936年(昭和11年)に寸又川ダム(重力式、34.8m)が、1938年(昭和13年)に大間ダム(重力式、46.1m)が完成。それぞれ大井川発電所(68,200kW)と大間発電所(13,200kW)により発電が行われ、寸又川流域のダム群で10万kW以上の発電能力を有するようになった。千頭森林鉄道はその後営林署へ移管され千頭ダムのさらに奥まで延伸されたが、1969年(昭和44年)に廃止されている。現在の林道は森林鉄道の廃線跡である。

日本一の堆砂[編集]

千頭ダムはこうして大井川における電源開発事業の一角を形成したが、完成後より上流より流入する土砂がダム湖に堆砂し、現在では日本で最も砂に埋もれたダムとして有名となった。特に知られるようになったのは2002年(平成14年)11月18日付けの朝日新聞報道による、「44ダムで堆砂50%以上」という記事からである。

大井川水系は糸魚川静岡構造線(糸静線)に沿って流れる。このため源流部の山地では崩落が激しく、大量の土砂を排出する。この大量の土砂をダムで堰き止めるため、堆砂は他の河川に比べて急速に進む。全国的にも大井川水系や富士川水系、天竜川水系といった糸静線に沿って流れる水系でのダム堆砂率は高く、特に千頭ダムに至っては総貯水容量が100万トン以上のダムの中で堆砂率が98.1%と最も堆砂が進んでいると国土交通省による2002年の調査で判明、朝日新聞の報道はこの調査を基にしている。

堆砂率とはダムを建設する際に予め設定される堆砂容量が砂で埋まる率を示している。通常総貯水容量より有効貯水容量を引いた容量がおおよその堆砂容量となる(実際は死水容量も含まれる。それぞれの解説の詳細はダム#ダム諸元に関する表記を参照)。千頭ダムにおいては

(総貯水容量)4,950,000トン-(有効貯水容量)4,349,000トン=(堆砂容量)601,000トン

となり、この601,000トンの98.1%が砂に埋もれている。従ってダム湖全てが埋没しているわけではないが、「ダム湖の98.1%が埋もれている」という誤った理解が為されている事が多い。また千頭ダムは発電専用ダムであり、それ以外の機能は持たされていないためダム機能が不全に陥るということもない。だが実際にダム反対派のほとんどが「堆砂=ダム機能の終焉」と喧伝しており、中には「堆砂の進行したダムは、少々の雨で決壊する危険性がある」とウェブサイトで主張している反対派もいる。だが堆砂とダム決壊を立証する出典は呈示していない。

ダム決壊の要因は堤体の設計ミスや岩盤の強度誤認を主原因とし、天災をトリガーとして発生する。堆砂の進行が直接の原因によるダム決壊例は全世界において例が無い。「貯砂」という視点で河川法上のダムと鉱滓ダムを誤認する例も見られている(鉱滓ダム決壊は日本でも例がある)。だが、堆砂に伴う河床上昇が水害をひきおこす因果関係は否定できず、泰阜ダム(天竜川)と「三六水害」(1961年(昭和36年)に飯田市を中心に被災した天竜川の水害)との関連性が指摘されている。治水を目的とする多目的ダムなどでは堆砂は洪水調節の重大な阻害要因であり、所定の目的を達成できない危険性がある。近年深刻化している海岸侵食とダム堆砂の関連性も否定できない。

このため宇奈月ダム出し平ダム黒部川)における連携排砂事業を始め、美和ダム三峰川)や松川ダム松川)などでは堆砂を排出するバイパストンネルを建設し、長島ダム(大井川)や相模ダム相模川)などでは浚渫・貯砂ダムによる定期的堆砂除去を行っている。未だ緒についたばかりであるため、排砂被害訴訟のようにそれぞれ課題となる問題はあるものの、国土交通省や各電力会社はダムの堆砂防除と海岸侵食防止に取り組みはじめている。

観光[編集]

千頭ダムは寸又峡温泉より更に奥、約13.0km上流にある。千頭ダムに向かう林道は道幅が狭く、乗用車での通行は厳しい。通常この林道は南アルプス登山のために使われ、寸又峡温泉方面より日本百名山である光岳へアタックするメインルートとなる。下流の寸又峡は紅葉の名所で、大間ダムに掛かる吊橋「夢のつり橋」は紅葉の時期には鮮やかな赤とコバルトブルーの湖水が訪れる者をひきつける。

最寄の公共交通機関は大井川鐵道井川線・千頭駅よりバスで寸又峡温泉方面へ向かい終点下車、そこからは車か徒歩で林道を寸又川沿いを北上する。車では国道362号を千頭方面に北上、その後静岡県道77号川根寸又峡線を寸又峡温泉方面に向かう。寸又峡温泉より先は大間ダム方面へ向かい飛竜橋を渡り北上する。ダム名は「千頭」であるが、千頭駅付近にあるわけではない。(電力会社はダム名に発電所名をつけることがあり、千頭ダムから導水している千頭発電所に由来する。[要出典]。この千頭発電所が千頭地区にある)

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1976年度撮影)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]