十和田操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

十和田 操(とわだ みさお、男性、1900年3月8日 - 1978年1月15日)は、日本の作家。本名・和田豊彦。

来歴[編集]

岐阜県郡上郡生まれ。父は逓信官吏。1924年明治学院高等学部文藝科卒。在学中受洗。上京して時事新報社に入る。29年同人誌『葡萄園』に参加、吉行エイスケ小田嶽夫古谷綱武らを知る。36年時事通信社が解散し、37年朝日新聞社入社。39年『屋根裏出身』で芥川賞候補。兵役で満洲仏印に転戦。戦後も朝日新聞に勤めるかたわら創作を行う。71年児童文化功労者

著書[編集]

翻訳・再話[編集]

参考[編集]

  • 日本近代文学大辞典