医学物理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
医療物理学から転送)
移動: 案内検索

医学物理学(いがくぶつりがく、英語:medical physics)とは、物理工学の知識・成果を医学に応用・活用する学術分野のこと[1]

人類の健康に寄与することを共通目的として、以下の領域がある。


診断物理学 
X線磁気共鳴現象、超音波などを用いた診断装置の開発、画質改善、被曝線量と画質の改善。
核医学物理学 
放射性同位元素を利用した診断や内用治療に関与し、装置開発、画質改善、被曝線量と画質の改善。
治療物理学 
X線や粒子線などの放射線を利用する放射線治療、あるいは温熱や収束超音波を利用するがん治療において、装置開発、物理的線量分布の最適化、治療の物理的・技術的品質管理。
放射線防護・安全管理学 
医学利用における放射線利用の害を最小限に抑える。
基礎医学物理学 
上記分野の基礎となる開発、研究。

出典[編集]

関連項目[編集]