医事日報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
医事日報
正式名称 株式会社医事日報
英文名称 Japan Medical Press Inc.
現況 事業継続中
市場情報 非上場
出版者記号 908599
法人番号 8010001000627
設立日 1890年
代表者 代表取締役 五十嵐秀夫
本社郵便番号 〒112-0013
本社所在地 東京都文京区音羽1-10-4
池田ビル2F
ネット販売 自社サイト、オンライン書店
主要出版物 医事日報、全国病院情報
定期刊行物 医事日報
出版以外の事業 求人広告サイト
得意ジャンル 医学
外部リンク http://www.ijinippo.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社医事日報(いじにっぽう、Japan Medical Press,Inc.)は、1880年に創刊した財団法人が発刊する「薬石日報」を継承した会社である。

歴史[編集]

  • 明治22年「薬石新報」旬刊として発刊。
  • 明治25年 3月22日 第三種郵便物認可
  • 大正5年、従来の「薬石新報」はそのまま旬刊に留め、新たに「医事・薬学関係者を対象とする日刊「薬石日報」を財団法人が創刊する。
  • 大正5年1月21日、第三種郵便物認可。
  • 主な出版物「薬事法規全集〔1910年初版、著者 安東忠次郎(出版社:薬石新報)〕」「薬品相場統計」「工業薬品要綱」「薬業年鑑」「輸入漢薬」「血液型」「麻薬取締役規則の解釈」「ホルモン製剤学」「薬事法規集」
  • 昭和6年「薬石日報」創刊15周年記念紙(昭和6年6月10日)
  • 記念祝賀色紙ご恵贈尊名
  • 内閣総理大臣     若槻禮次郎氏
  • 政友会総裁      犬養毅氏
  • 鉄道大臣       江木翼氏
  • 陸軍大臣       南次郎氏
  • 逓信大臣       小泉又次郎氏
  • 拓務大臣       原脩次郎氏  
  • 拓務政務次官     紫安新九郎氏
  • 政友会顧問      大口喜六氏(昭和2年、大蔵政務次官)
  • 政友会総務      秋田清氏(1932年、衆議院議長、1939年、厚生大臣、1940年、拓務大臣)
  • 外務参与官(勅任官) 田中武雄氏(1945年、運輸大臣)
  • 拓務参与官(勅任官) 杉浦武雄氏
  • 薬学博士       慶松勝左衛門氏(薬学者・政治家、日本薬剤師協会会長、東京帝国大学薬学科教授)
  • 昭和16年、新聞統制(新聞統合)により休刊。
  • 昭和20年7月「財団法人 薬石日報社」によって復刊(週2回発行)。
  • 昭和22年11月28日、第三種郵便物認可。
  • 昭和26年2月、サンエンドサンス貿易出版部が発行。
  • 昭和27年1月、大阪府病院会雑誌と薬石日報が合併し社名を薬石日報社に変更する(週1回発行。元旦号№7568)。
  • 昭和30年、株式会社 薬石日報社設立。編集主幹に永井潜(ひそむ)東京大学名誉教授を迎え、薬石日報発行号数〔第7599号〕を継承し復刊。本社 大阪市東区淡路町。東京支局 東京都中央区日本橋本町。名古屋支局 名古屋市中区伊勢町。隔日刊として9月28日第三種郵便物の認可を受ける。
  • 昭和32年「薬石日報」を「医事日報」(第7680号)に改称し、社名を株式会社 医事日報社に変更。
  • 昭和33年「心電図の取り方から読み方まで」を発刊。
  • 昭和34年、日本医学会の協賛による「総会速報」を発行。以後4年ごとに開催される総会の速報を発行。
  • 昭和35年、MAC総合カタログ(医科器械図録)を発行。以後、毎年1回3月に発行。定期刊行物MAC(医科機器専門雑誌) 月刊として発行。国の政策医療金融機関である医療金融公庫の新発足に伴い同公庫の監修を得て「医療金融公庫の手引き」を発行。
  • 昭和36年「日本医師名鑑」を発刊。
  • 昭和37年「ME機器総覧」を発刊。「近畿病院医院電話便覧」を発刊。
  • 昭和38年「看護機器総覧」を発刊。「近畿病院名簿」を発刊。以後全国を6地区に分け、各毎年または隔年に順次発刊。「医事日報」は週刊に発行形態変更。(B4判12~32頁)。
  • 昭和39年「病院薬局機器総覧」を発刊。
  • 昭和43年、治験誌月刊「薬物療法」を発刊。監修 大島研三 日大名誉教授・日本医学会副会長 林田健男 東大名誉教授
  • 昭和47年、医学専門書「治験の実際」を発刊。監修 大島研三 日大名誉教授・日本医学会副会長 林田健男 東大名誉教授
  • 昭和52年「腹部臓器の血管造影診断」を発刊。「医事日報」旬刊に発行形態変更。(B4判8~16頁季刊48頁建)
  • 昭和53年、財団法人腎研究会の雑誌「腎臓」の発刊に参画。編集代行として業務全般を引き受ける。
  • 昭和54年、医学産業研究会を創設。(メディカルマネージメント・メディカルインフラストラクチャーに関する調査・研究)
  • 昭和55年、本社を東京都中央区に移転し、大阪を支局とした。
  • 平成元年、創業100年を機に、また医事日報・ジャパン・メディカル・プレスの商標登録に伴い、株式会社 医事日報に組織変更し、本社を中央区より文京区本郷に移転する。北海道・東北、東京都、近畿、九州・沖縄の診療所情報を集録し、CD並びに書物とする。全国介護老人保健施設を集録する。
  • 平成6年、単行本「2025年地球横転す」「強運の秘密」他、学術書「統合医療」他を発刊。
  • 平成10年、本社を文京区小石川に移転。沖縄県具志川市(現うるま市)「サンライズぐしかわ構想における中国中西医結合薬学会との連携に関する基本調査報告書作成。世界自然医学組織(UN関連)上海支部より、主席研究法人として任命される。世界自然医学集団の一部業務を引き受ける。

事業内容[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

医事日報会社概要

外部リンク[編集]