北琉球諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北琉球方言から転送)
北琉球語群
北琉球諸語/奄美・沖縄語群
話される地域奄美群島沖縄諸島
言語系統日琉語族
下位言語
GlottologNone
Ryukyuan languages map.png

北琉球諸語(きたりゅうきゅうしょご)または北琉球語群(きたりゅうきゅうごぐん)、奄美・沖縄語群(あまみおきなわごぐん)は、奄美群島沖縄諸島で話される諸言語の総称。日琉語族琉球語派の下位区分として南琉球諸語と対をなす。北琉球諸語の下位に位置する各言語を「方言」とみなす立場からは、北琉球方言(きたりゅうきゅうほうげん)または奄美・沖縄方言(あまみおきなわほうげん)と呼ぶ。下位区分は議論中であり[1]確定していない。

下位言語の系統[編集]

北琉球方言(奄美・沖縄方言)の下位区分は、伝統的に奄美方言と沖縄方言に二分されてきた[2]。さらにそれぞれを南北に二分する区分もある[3][4]。一方、上村幸雄[5]、狩俣繁久[1]らは沖永良部島から沖縄北部までを一つのグループと見る三区分説を唱えた。狩俣は徳之島と沖永良部島の間の方言境界は沖縄北部と沖縄南部の間よりも大きいとしており、エスノローグではこの徳之島・沖永良部間を境界にして南北に二分している。一方でトマ・ペラールやウェイン・ローレンスによる、各言語に起きた改新に着目した系統分類では、奄美方言と沖縄方言に二分する説が支持された[6][7]

中本正智による分類[3][4]

狩俣(2000)[1]等による系統分類。ユネスコ危機に瀕する言語もこの分類に従っている。

エスノローグの分類

動詞活用[編集]

以下に諸方言における動詞活用を示す。五段活用系を代表して「飛ぶ」、一段活用系を代表して「着る」に当たる動詞の活用を示す[8][9]。志向形・未然形・条件形1(已然形)・命令形連用形連体形1・禁止形は、ほぼ日本語(本土方言)の活用に対応した形が現れる。一方、終止形1・終止形2・連体形2・du係結形・ga係結形・条件形2・準体形は、連用形に「をり」が付いた形から派生した形である。また、接続形は「て」の付いた、「飛びて」「着て」に対応する。

「飛ぶ」
  志向形 未然形 条件形1 命令形 連用形 連体形1 禁止形 終止形1 終止形2 連体形2 du係結形 ga係結形 条件形2 準体形 接続形



宇検村湯湾 tuboː tuba tubï(ba) tubï tubi tubu tubu(na) bubjui tubjun tubjun tubjuru tubju tudi
瀬戸内町古仁屋 tuboː tuba tub(ba) tubï tubi tubï tubï(na) tubjur tubjum tubjun tubjur tubju tudï
喜界島志戸桶 tuboː tuba tubï(ba) tubï tubi tubu(na) tubjui tubjun tubjun tubju tudi
徳之島井之川 tuba tuba tudika tubï
tubë
tubi tubi(na) tubjuri tubjun tubjun tubjuru tubju tudi
沖永良部島田皆 tuba tuba tubi(ja) tubi tubi tubu tubu(na) tubimu tubinu tubiru tubira tubi tudi



伊是名島
勢理客
tubaː tuba tuboː tubiː
tubeː
tuboː
tuni tubin(na) tunun tununu tunuru tunura tunu tuneː
本部町瀬底 tuba tuba tubi(ba)
tubeː
tubi
tubeː
tubi tubu tubu(na) tubun tubun tuburu tubura tubura(ba) tubu turi



那覇 tuba tuba tubeː tubi
tubeː
tubi tubu tubu(na) tubun tuburu tuburu tubura tuburaː tubu turi
豊見城市
饒波
tuba tuba tubeː tubi
tubeː
tubi tubu tubu(na) tubun tubunu tuburu tubura tuburaː tubu turi
久米島
西銘
tuba tuba tubi(ba)
tubeː
tubi(wa)
tubeː
tubi tubu(na) tubin tubiru tubiru tubira tubiraː tubi turi
久米島鳥島
(硫黄鳥島)[注 1]
tuba tuba tubi(ba) tubi(ba) tubi - tubu(na) - tumbun tumbui tumbui - - tumbu turi
  志向形 未然形 条件形1 命令形 連用形 連体形1 禁止形 終止形1 終止形2 連体形2 du係結形 ga係結形 条件形2 準体形 接続形
「着る」
  志向形 未然形 条件形1 命令形 連用形 連体形1 禁止形 終止形1 終止形2 連体形2 du係結形 ga係結形 条件形2 準体形 接続形



宇検村湯湾 kʔijoː kʔija kʔib(ba) kʔirï kʔ kʔiQ kʔin(na) kʔijui kʔijun kʔijun kʔijuru kʔiju kʔitʃi
瀬戸内町古仁屋 kʔirjoː kʔirja kʔir(ba) kʔiriː kʔiri kʔir kʔir(na) kʔirjur kʔirjum kʔirjun kʔirjur kʔirju kʔitʃi
喜界島志戸桶 kʔiroː kʔira kʔiri(ba) kʔiri kʔ kʔin(na) kʔijui kʔijun kʔijun kʔiju kʔitʃi
徳之島井之川 kʔira kʔira kʔitsïka kʔirï
kʔirë
kʔiri kʔiri(na) kʔiruri kʔirun kʔirun kʔiruru kʔiru kʔitsï
沖永良部島田皆 kʔjaː kʔjaː kʔiː(ja) kʔ kʔ kʔju kʔjuː(na) kʔiːmu kʔiːnu kʔiːru kʔiːra kʔ kʔittʃi



伊是名島
勢理客
tʃiraː tʃira tʃiroː tʃiriː
tʃireː
tʃiroː
tʃiː tʃiːn(na) tʃiːn tʃiːnu tʃiːru tʃiːra tʃiː tʃieː
本部町瀬底 kira kira kiri(ba)
kireː
kiri
kireː
kiː kiru kiː(na) kiːn kiːn kiːru kiːra kiːra(ba) kiː kitʃi



那覇 tʃira tʃira tʃireː tʃiri
tʃireː
tʃiː tʃiru tʃiru(na) tʃiːn tʃiːru tʃiːru tʃiːra tʃiːraː tʃiː tʃitʃi
豊見城市
饒波
tʃira tʃira tʃireː tʃiri
tʃireː
tʃiː tʃiru tʃiru(na) tʃiːn tʃiːnu tʃiːru tʃiːra tʃiːraː tʃiː tʃitʃi
久米島
西銘
tʃira tʃira tʃiri(ba)
tʃireː
tʃiri(wa)
tʃireː
tʃiː tʃiru(na) tʃijun tʃijuru tʃijuru tʃijura tʃijuraː tʃiju tʃitʃi
久米島鳥島
(硫黄鳥島)[注 1]
tʃija tʃija tʃim(ba) tʃim(ba) tʃiː - tʃin(na) - tʃijun tʃijui tʃijui - - tʃiju tʃitʃi
  志向形 未然形 条件形1 命令形 連用形 連体形1 禁止形 終止形1 終止形2 連体形2 du係結形 ga係結形 条件形2 準体形 接続形

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 硫黄鳥島で1903年に起きた噴火の後、硫黄鳥島から久米島に集団移住して新設された「鳥島」集落の方言。

出典[編集]

  1. ^ a b c 狩俣繁久(2000)「奄美沖縄方言群における沖永良部方言の位置づけ」日本東洋文化論集 no.6 p.43 -69
  2. ^ 外間守善1977「沖縄の言語とその歴史」(『岩波講座 日本語11方言』岩波書店)
  3. ^ a b 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』国書刊行会、1984年、5頁。
  4. ^ a b 中本正智1976『琉球方言音韻の研究』法政大学出版局、73頁。
  5. ^ 上村幸雄1972「琉球方言入門」(『言語生活』三省堂雷店)
  6. ^ Thomas Pellard (2015) "The linguistic archeology of the Ryukyu Islands" Patrick Heinrich, Shinsho Miyara, Michinori Shimoji (ed.) Handbook of the Ryukyuan languages: History, structure, and use, 14–37. Berlin: DeGruyter Mouton.
  7. ^ ウェイン・ローレンス(2006)「沖縄方言群の下位区分について」『沖縄文化』40(2)
  8. ^ 内間直仁(1984)『琉球方言文法の研究』299-465頁。
  9. ^ 野原三義(1976)「沖縄那覇方言動詞の活用」(『沖縄国際大学文学部紀要(国文学篇)』4-2号)