北澤宏一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北澤 宏一(きたざわ こういち、1943年4月17日 - 2014年9月26日)は日本化学者。元東京都市大学学長・独立行政法人科学技術振興機構顧問・東京大学名誉教授。

1986年末から1987年に起きた高温超伝導研究フィーバーの火付け役として知られる。朝日賞の選考委員も務めた。長野県飯山市出身。

経歴[編集]

略歴[編集]

  • 1966年3月 - 東京大学理学部化学科卒業
  • 1968年3月 - 東京大学工学系大学院工業化学専攻修士課程修了
  • 1968年4月 - 東京大学工学系大学院工業化学専攻博士課程進学
  • 1969年9月 - マサチューセッツ工科大学冶金および材料科学専攻博士課程入学
  • 1972年2月 - マサチューセッツ工科大学冶金および材料科学専攻博士課程修了。Doctor of Science 授与。
  • 1972年2月 - マサチューセッツ工科大学セラミックス部門研究員就任。DSR staff(Division of Sponsored Research)。
  • 1972年12月 - マサチューセッツ工科大学セラミックス部門研究員辞任。
  • 1973年1月 - 東京大学工学部合成化学科助手就任
  • 1979年3月 - 東京大学工学部合成化学科講師就任
  • 1982年4月 - 東京大学工学部物理工学科助教授就任
  • 1987年7月 - 東京大学工学部工業化学科教授就任
  • 1999年4月 - 東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻教授に配置換え
  • (工学系研究科応用化学専攻、同 超伝導工学専攻教授兼担)
  • 2002年5月 - 科学技術振興事業団専務理事就任
  • 2003年10月 - 独立行政法人科学技術振興機構理事
  • 2007年10月 - 独立行政法人科学技術振興機構理事長( - 2011年9月)
  • 2011年10月 - 独立行政法人科学技術振興機構顧問
  • 2011年 - 福島原発事故独立検証委員会有識者委員会委員長
  • 2013年9月 - 東京都市大学学長(任期は、2016年8月までの3年間)
  • 2014年9月26日 - 急性肝不全のため死去[1]。71歳没。従四位瑞宝中綬章受章。[2]

著作[編集]

  • 『科学技術者のみた日本・経済の夢 第4版改訂』
  • 『磁気科学─磁場が拓く物質・機能および生命科学のフロンティア─』(監修)
  • 『科学技術は日本を救うのか』
  • 『日本は再生可能エネルギー大国になりうるか』2012年 ISBN 978-4-7993-1169-1

脚注[編集]

  1. ^ 北沢宏一・東京都市大学長死去 時事ドットコム 2014年9月29日
  2. ^ 2014年11月5日官報

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]