加藤熈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤熈
生誕 1938年2月2日[1]
茨城県水戸市[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 保存治療系歯学
研究機関 北海道大学東日本学園大学
出身校 東京医科歯科大学
主な受賞歴 日本歯科医学会会長賞(研究部門) 2005年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

加藤 熈(かとう ひろし、1938年2月2日[1] -)は日本歯科医師歯学者北海道大学名誉教授。元北海道大学歯学部附属病院長。

経歴[編集]

1962年東京医科歯科大学歯学部卒業後、同大学助手、北海道大学歯学部講師、助教授、東日本学園大学教授をへて、1986年北海道大学歯学部教授に就任[1]。2001年に定年退官となり名誉教授に就任[1]

著作[編集]

科研費報告書[編集]

  • 『歯周疾患と咬合異常』研究代表者 加藤熈〈科学研究費補助金(総合研究A)研究成果報告書〉、1990年3月。NCID BA8763807X
  • 『歯周病患者の早期接触と咬合性外傷の解明』研究代表者 加藤熈〈科学研究費補助金(一般研究(B))研究成果報告書〉、1990年3月。NCID BA87642736
  • 『歯周病患者におけるBruxism習癖の診査・診断と咬合性外傷の解明』研究代表者 加藤熈〈科学研究費補助金(一般研究(B))研究成果報告書〉、1992年3月。NCID BA87718419
  • 『歯周病患者におけるBruxism習癖の解明と咬合性外傷による歯周組織破壊』研究代表者 加藤熈〈科学研究費補助金(一般研究(B))研究成果報告書〉、1995年3月。NCID BA8777301X
  • 『Bruxismの新しい診断装置の開発と歯周組織破壊のメカニズムの解明』加藤熈研究代表〈科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書〉、1999年3月。NCID BA41986023
  • 『種々なるGrowth factorを応用した歯周組織再建に関する総合的研究』加藤熈研究代表〈科学研究費補助金(基盤研究(A)(1))研究成果報告書〉、2000年3月。NCID BA46890089

所属団体[編集]

学職
先代:
野口俊英
第35回春季
1992年5月
名古屋
日本歯周病学会総会 大会長
第35回秋季
1992年10月
札幌
次代:
二階宏昌
第36回春季
1993年5月
広島
先代:
須田英明
第17回
1996年
東京医科歯科大学
日本臨床歯内療法学会学術大会 大会長
第18回
1997年
北海道大学学術交流会館
次代:
中村治郎
第19回
1998年
鶴見大学会館
先代:
石川純
初代
1971年4月 - 1986年3月
(歯科保存学第二講座教授として)
北海道大学大学院歯学研究科口腔健康科学講座
歯周病学分野・歯周組織再建外科学分野教授

第2代
1986年9月 - 2001年3月
次代:
川浪雅光
第3代
2001年9月 - 2016年3月
(歯周・歯内療法学教室教授として)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 加藤 熈先生の【ご略歴】と【主な業績】 (PDF)”. 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ 会員・役員”. 日本歯科保存学会. 2016年6月27日閲覧。