加美 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加美
かみ
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
自治体 大阪市
旧自治体 加美村
大阪市役所加美出張所(平野区役所加美出張所)
北緯34度37分33.18秒 東経135度33分52.62秒 / 北緯34.6258833度 東経135.5646167度 / 34.6258833; 135.5646167座標: 北緯34度37分33.18秒 東経135度33分52.62秒 / 北緯34.6258833度 東経135.5646167度 / 34.6258833; 135.5646167
所在地 〒547-0004
大阪府大阪市平野区加美鞍作1-9-3
加美の位置(大阪府内)
加美
加美
テンプレートを表示

加美(かみ)は、大阪市平野区内の一地域。

本項ではかつて同地域に所在した中河内郡加美村(かみむら)についても述べる。

歴史[編集]

かみむら
加美村
廃止日 1955年4月3日
廃止理由 編入合併
長吉村瓜破村矢田村加美村 → 大阪市東住吉区
現在の自治体 大阪市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
中河内郡
総人口 15,547
国勢調査1950年
隣接自治体 大阪市、布施市八尾市
中河内郡巽村
加美村役場
所在地 大阪府中河内郡加美村鞍作町
 表示 ウィキプロジェクト

河内国(のち大阪府)渋川郡の中西部に位置する。村名は古代の渋川郡5郷のひとつ「賀美」に由来する。

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、渋川郡鞍作村、乾村、正覚寺村、鞍作新家村、南鞍作村が合併して渋川郡加美村が発足。大字鞍作に村役場を設置。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 郡の統廃合により、所属郡が中河内郡に変更。
  • 1937年昭和12年) - 大字を改編し、20町を起立。
  • 1955年(昭和30年)4月3日 - 大阪市第3次市域拡張(河内編入)により同市に編入。東住吉区の一部となる。20町は加美を冠称。同日加美村廃止。
  • 1974年(昭和49年)7月22日 - 東住吉区から平野区が分区され、同区の一部となる。

地域概要[編集]

東側に東大阪市八尾市、北側は生野区に接しており、現在の住所表記では加美北、加美正覚寺、加美東、加美西、加美南、加美鞍作の6地区に分かれている。

戦前は田畑が広がっていたが、戦後は工業化が進み工場増え、特に加美北地区は現在でも工場が多く、また加美北、加美正覚寺地区には市営団地が多い。

旧地名[編集]

  • 加美北 - (加美)大芝町、末次町、長沢町、柿花町、乾町
  • 加美正覚寺 - 正覚寺町、諏訪山町(一部)、神明町(一部)
  • 加美東 - 諏訪山町、神明町、細田町、絹木町
  • 加美西 - 旭町、橘町
  • 加美南 - 松山町、福井戸町、新家町
  • 加美鞍作 - 鞍作町、南鞍作町、春日町、南陽町

上記の地名は東住吉区時代まで使用されており、平野区の分区に伴い現在の地名に変更された。しかし、バス停や市営住宅名には現在も使用されている場所もある。

交通[編集]

鉄道

地域の中央部を通っている。

バス
主要道路

施設など[編集]

小学校
中学校
主な商業施設
その他の施設
  • 加美正覚寺地区 - 大阪市消防局平野消防署加美正覚寺出張所、平野ドライビングスクール旭神社正覚寺、東之坊、加美正覚寺郵便局、市営正覚寺東住宅
  • 加美北地区 - 大阪市平野下水処理場、加美正覚寺住宅、せせらぎの里、加美霊園、加美北公園、加美北郵便局、(市営)加美長沢住宅、長沢2RC、長沢第3住宅、加美北住宅、加美北第2住宅、加美北第3住宅
  • 加美東地区 - 久宝寺緑地、加美自動車教習所、加美工場団地、加美東郵便局、市営加美神明住宅
  • 加美南地区 - 市営加美南住宅、鞍作公園、シャープ株式会社
  • 加美鞍作地区 - 平野区役所加美出張所、平野消防署加美出張所、大阪市立平野区老人福祉センター、善正寺、菅原神社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]