功里金団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
功里金団
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
プレイステーション2[PS2]
PSP
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1~2人交互プレイ
発売日 [AC]:1988年
[PS2]:2005年7月28日
[PSP]:2006年1月5日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
その他 PS2版はタイトーメモリーズ 上巻に、PSP版はタイトーメモリーズ ポケットに収録
テンプレートを表示

功里金団』(くりきんとん)は1988年タイトーから発売されたアーケードゲーム。ジャンルはサイドビューの面クリア型アクションゲームである。

概説[編集]

8方向レバーと2ボタン(攻撃、ジャンプ)で主人公の格闘家・功里金団を操作し、クリス親子を助けだすことが目的。全5ステージ。ライフ制となっており敵から攻撃を受けるか、ステージの途中にマグマやピラニア池に触れるとライフは減り、ボスを倒すとライフが一定量回復する。体力が無くなるとゲームオーバーとなる。なおコンティニューは羊羹師匠の手によって5回までしかできないとされている。

特殊技[編集]

  • グーチョキ波
攻撃ボタンを押し続け、タイミングよく離すと撃つことができる飛び道具。
  • オーラ
何も操作しないでいると主人公は攻撃力のアップするオーラを作り始める。時間の経過により赤、黄、青に変わる。1段階につき1回のバリアとしても使える。

中ボスとボス[編集]

ステージの半分を過ぎると中ボスが出現。最後にはボスとの戦いがある。最後のボス「覇王」を倒すとエンディングが流れてゲームクリアーとなる。

ドラゴン・アチョー
1面中ボス。中国拳法を使う格闘家。モデルはブルース・リー
狂牙
1面ボス。四鳥拳の一つ、鶴風拳の伝承者。
ボニー・アミーデー
2面中ボス。マーシャルアーツの使い手。モデルはベニー・ユキーデ
雷牙
2面ボス。四鳥拳の一つ、梟影拳の伝承者。
ウィニー・ウインディ
3面中ボス。空手家。モデルはウィリー・ウィリアムス
烈牙
3面ボス。四鳥拳の一つ、孔雀重拳の伝承者。
ハダシ・サワデワ(沢出羽 裸足)
4面中ボス。キックボクサー。モデルは沢村忠
幻牙
4面ボス。四鳥拳の一つ、鳳凰飛拳の伝承者。
モアイ・ザ・ジュニア
最終面中ボス。プロレスラー。モデルはアンドレ・ザ・ジャイアント
覇王
最終ボス。主人公・功里金団の功力真拳と対を成す、覇力光拳の伝承者。主人公とはある繋がりがあり、倒す事で明らかとなる。

ゲームオーバー条件[編集]

以下の条件の時にゲームオーバーとなる。

  • ライフが0になる。
  • 覇王を倒す。

永久パターン防止キャラクター[編集]

永久パターン防止キャラクターは忍者。長時間画面を進めないと出現する。倒すことはできない。