Lシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Lシステムは、株式会社タイトーが開発し、1988年から採用したアーケードゲーム基板である。JAMMA規格準拠のJAMMAエッジコネクターが搭載されている。メインのCPUとして8ビットCPUであるZ80を採用しており、基本的に基板のサイズは非常にコンパクト(実際の基板のサイズは、ゲームによって異なる)なものとなっている。

尚、ROMの交換が出来ない「事実上の各ゲームごとの専用基板」として扱われている物が多いが、ホット・ビィから発売された「プレイガール2」に関しては、前作からのROM交換が可能なコンバージョンキットが発売されている(Lシステム使用の他の作品からのROM交換は不可能)。

ゲームによっては、一部基板の仕様が異なるものも存在しており、例を上げると「アメリカンホースシュー」の基板ではトラックボール制御用のサブボードが搭載されている。

スペック[編集]

以下は、Lシステムの基本的な構成であり、ゲームによってはCPUが2個(サウンドCPUと合わせて計3個)搭載されていたり、サウンドチップ等が異なる場合がある。

  • CPU : Z80 @ 3.3MHz (ゲームによっては6MHzの場合もある)
  • Sound CPU : Z80
  • Sound chip : YM2203
  • Video resoution : 320x224

主なタイトル[編集]

など

参考文献[編集]