劉劭 (南朝宋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
劉劭
皇帝
王朝
在位期間 453年
姓・諱 劉劭
休遠
諡号
廟号
生年 元嘉元年(424年
没年 太初元年5月4日
453年5月27日
文帝(長子)
袁斉媯
皇后 殷氏
陵墓
年号 太初:453年

劉 劭(りゅう しょう)は、南朝の皇帝。は休遠。父の文帝を殺害して即位したが、3ヶ月で廃位・処刑された。

正史である『宋書』では元凶劭という名で列伝に記されて、正当な皇帝とみなされていない。このため、一般的には宋の歴代皇帝に数えられていない。

人物[編集]

6歳の時に文帝の皇太子に立てられる。453年、劉劭が呪詛を行ったとして、文帝は劉劭の廃立を検討するが、その動きを察知した劉劭は弟の劉濬とともに挙兵、夜間宮殿に侵入し、父文帝を殺害した。

その後、自ら皇帝に即位し、元嘉30年を太初改元した。踰年改元を行わないことは当時の慣例に違う行為であった。3ヶ月後、弟(文帝の第3子)武陵王劉駿(孝武帝)が将軍沈慶之の支援の下建康城内に侵入、劉劭は捕らえられ、後に処刑され、遺灰は長江に投げ捨てられた。

宗室[編集]

妻妾[編集]

いずれも劉駿に処刑された

子女[編集]

  • 男子:劉偉之、劉迪之、劉彬之
  • 女子

いずれも劉駿に処刑された

伝記資料[編集]

  • 宋書』巻99(列伝第59)
先代:
文帝
宋(劉宋)皇帝
(453年)
次代:
孝武帝