前山亜杜武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まえやま あとむ
前山 亜杜武
生誕 1964年9月
日本の旗 日本
職業 実業家

前山 亜杜武(まえやま あとむ、1964年 - )は、日本実業家

人物[編集]

略歴[編集]

1964年、静岡市生まれ。1993年、札幌にて29歳で独立。株式会社京会を設立し、代表取締役に就任する。2000年、拠点を東京に移し、札幌・仙台・千葉・名古屋・福岡などに支社を設立し、全国的な事業展開を行う。

事業活動[編集]

多角的な経営をしている(あるいはしていた)。関連する企業・団体・プロジェクトは下の通り。

  • 株式会社AT&BROTHERS(コンサルティング事業)
  • AT&BROTHERS PTE.LTD(アジア進出支援事業)
  • 株式会社メビウス(メディカルサービス)
  • 一般社団法人ライジングサンジャパン(社会貢献活動)
  • 「日刊スゴい人!」編集長(メルマガ発行)

上記企業の一部も含めて、前山が経営する企業群は「アイエムエスグループ」(IMSグループ)と名乗っていた。[1]これも東京都を拠点とする医療法人グループ「イムスグループ」と類似しているが、まったく別の企業体である。

前山は後述の脱税・詐欺などの事件を起こしているが、経営者としての手腕は、上記の事業の規模や多様性からも、一定以上であったと評価できる(事実、後述の参考文献などで、インタビュー等も多く受けている)。

NPO活動[編集]

1998年クリスマスに、社員たちと札幌市の児童養護施設を訪問し、以後毎年の恒例行事として施設を慰問。2007年9月特定非営利活動法人あきらめないを設立。代表理事となる。

教育における主張・活動[編集]

2007年、竹田恒泰と共に「竹田研究会」を設立。竹田が代表、前山が幹事長を務める。

脱税・助成金詐欺[編集]

2016年9月27日、雇用調整助成金詐取の疑いで、東京地方検察庁特別捜査部が前山を逮捕。10月17日には同容疑で起訴。容疑の主格は「日本スマートハウジング」だが、この実質的経営者が前山であると判断されたため。[2][3]

容疑の内容は「社員に職業訓練を受けさせた」と偽装し、雇用安定のための助成金(中小企業緊急雇用安定助成金)を不正に受給したというもの。7回にわたり計約4700万円を詐取したとされる。[4]

その後、2016年10月18日にも、東京地検が前山を再逮捕。11月17日同容疑でも起訴。容疑は「法人税の脱税」であり、約4億円の所得を隠し、約1億1900万円を脱税したとされる。

2017年1月25日に東京地裁にて開かれた初公判においては、前山は起訴内容を全面的に認めており[5]、同年6月14日に地裁にて懲役2年8カ月の実刑判決を言い渡された。また法人税法違反の罪に問われた日本スマートハウジングは罰金2800万円を命じられた[6]

関連書籍[編集]

  • 『スゴい人の法則』 フォレスト出版
  • 『事業は芸術である』 株式会社AT&BROTHERS
  • 『多忙社長の「結果を出せる」時間術』 シゴト効率研究会編集
  • 『わが経営史 気づきの瞬間Part1 』全国経営者団体連合会 有明書院

参考文献[編集]

  • 共同通信社配信(2011/7/13) 佐賀新聞/長崎新聞/琉球タイムズ/四国新聞
  • 週間HOTERES 2009年9月号別冊 決定版 必ず成功するホテルリノベーションPart4 オータパブリケイションズ
  • ADDICTAM(アディクタム)2009年8月号 アム アソシエイツ
  • 産経新聞 2011年5月18日朝刊
  • 愛和2011年夏号(社)実践倫理宏正会

脚注[編集]

外部リンク[編集]