ATOMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ATOMS
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
060-0062
北海道札幌市中央区南2条西3丁目13番4号 カタオカビル6階
本店所在地 060-0063
北海道札幌市中央区南3条西3都ビル1F
設立 2000年2月4日
業種 飲食業
法人番号 6430001029989
事業内容 海鮮居酒屋の経営
代表者 神 和憲(代表取締役)
支店舗数 4
外部リンク 海味はちきょう
テンプレートを表示

株式会社ATOMS(アトムス・アトムズ)は、北海道札幌市で飲食事業を展開する法人

概要[編集]

札幌市中央区すすきので、海鮮居酒屋「海味はちきょう」を4店舗運営する。[1]以前は格闘技バー「すすきのコロシアム」・九州料理店「やっさもっさ!」などを経営していた。[2]

回転寿司の全国チェーン「アトムボーイ」を運営する株式会社アトムと業容・商号が類似しているが、両社には一切関係がない。

設立・沿革[編集]

2000年2月4日に創業された(当初の社名は、有限会社フェイス)。その後、2005年2月4日「株式会社ATOMS」に商号変更し、「IMSグループ(アイエムエス・グループ)の飲食事業を担う。

シンガポール関連事業[編集]

札幌市経済局の「シンガポールにおける外食企業進出支援」に協力している。同市は2017年10月29日〜31日、世界有数のフランチャイズ専門展示会「FLAsia(Franchising & Licensing Asia 2015)」に出展した。

札幌市・函館市の5つの企業が出展したが、株式会社ATOMSもその1社として「海鮮丼炭火焼き」の試食提供などを行った。[3]

また、関連会社である「AT&BROTHERS SINGAPORE PTE.LTD」は、シンガポール初のジンギスカン料理店「THE HITSUJI CLUB」(ザ・ヒツジクラブ)を経営している。運営母体は「AT&BROTHERS〜」だが、「フードスタジアム」編集長の佐藤こうぞうによれば、「札幌はちきょうの店がこのエリアに出た」と、現地で話題になっていた。[4]

食中毒・営業停止[編集]

同社は、過去に運営する九州料理店「やっさもっさ!」で、ノロウイルスによる集団食中毒事件を起こしている。被害者は44名で、札幌市保健所の調査により、従業員6名からノロウイルスが検出された。[5]

営業停止命令は5日間だったが、自主的に10日間休業している。[6]なお、同店はすでに閉店している。[7]

出典[編集]

  1. ^ 海味はちきょう・公式サイト 2017年1月6日閲覧
  2. ^ ジブンミッケ「株式会社ATOMS 代表取締役・小林義鷹」 2011年4月27日
  3. ^ 札幌市経済局 国際経済戦略室 海外戦略推進課・第4回定例市長記者会見資料「シンガポールにおける外食企業進出支援の取り組みについて」(2015年7月30日)
  4. ^ フードスタジアム「シンガポール飲食マーケット最新事情(前編)」 2015年11月18日
  5. ^ 北海道新聞「ノロウイルスで44人が食中毒」(2007年11月12日) [リンク切れ]
  6. ^ Amazon.co.jp『多忙社長の「結果を出せる」時間術』(シゴト効率研究会/2009年/成美堂出版)P.191-192)ISBN 978-4415401072
  7. ^ 食べログ「やっさもっさ!」 2017年1月6日閲覧

外部リンク[編集]