出口康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出口 康夫(でぐち やすお、1962年 - )は、日本哲学者京都大学大学院文学研究科教授認識論数理哲学科学哲学を専門とする。

略歴[編集]

大阪市生まれ。京都大学文学部卒、同大学院文学研究科博士後期課程修了。1996年「超越論的実在論の試み-批判期カント存在論の検討をつうじて」で文学博士名古屋工業大学助教授、2002年京都大学文学研究科哲学専修助教授、2007年准教授、2016年教授。

共編[編集]

翻訳[編集]

  • イアン・ハッキング『何が社会的に構成されるのか』久米暁共訳 岩波書店 2006
  • イアン・ハッキング『知の歴史学』大西琢朗、渡辺一弘共訳 岩波書店 2012

論文[編集]

外部リンク[編集]