冷やしラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山形の冷やしラーメン

冷やしラーメン(ひやしラーメン)は、山形県福島県などの郷土料理[1]ご当地グルメ。日本の料理の一つ。

概要[編集]

その名の通り冷たいラーメンであり、スープも麺も冷たく、を浮かべることもある。冷やし中華とは異なり、通常のラーメンと同じようにたっぷりのスープに麺が浸されている。スープは醤油味が一般的で、冷やし中華のように酸味は強くない。

なお、北海道では冷やし中華のことを冷やしラーメンと呼ぶこともある[2]東洋水産マルちゃんブランドとして販売している「冷やしラーメン」も冷やし中華である[2]

山形県のものがよく知られているが、それ以外の地域で考案された「冷やしラーメン」もある。

日本各地の冷やしラーメン[編集]

山形県[編集]

山形県山形市本町のラーメン店「栄屋本店」の初代店主が、夏に冷たいラーメンを食べたいという常連客の要望で開発を始め、試行錯誤の末、1年かけて1952年に完成させた[3][4]

山形市は1933年7月に気温40.8度を記録し長らく日本最高記録だったほどであり、夏は暑い。温かいラーメンの需要は落ち、冷たい蕎麦からの発想で、ラーメンも冷たくなったのではないかと、ラーメン評論家の大崎裕史は推測している[3]

山形ラーメンは醤油味が圧倒的に多く、山形の冷やしラーメンも同様に醤油味がほとんどである[3]。山形の冷やしラーメンが東京圏に知られるようになったのは2000年頃で、2013年頃の東京での冷やしラーメンは煮干しから出汁をとったものがトレンドになっており、塩味、トマト味、豚骨味など各店舗でのバリエーションも豊かになってきている[3]

福島県[編集]

山形の「栄屋本店」で冷やしラーメンの販売を開始したよりも少し早い1952年2月に福島県会津坂下町でも「冷やしラーメン」が誕生している[5][6][7]

冬に食堂「いしやま」を訪れた、風邪のための高熱で食欲のなくなった女性にラーメンの麺を水で洗って食べさせたのが発祥とされる[6][7][8]

麺食が経営するチェーン店「喜多方ラーメン坂内」では、平打ち縮れ麺にカツオと煮干しの和風だしの醤油味ベースのスープの「和風冷やしラーメン」を販売しており、2011年にはローソンでも喜多方ラーメン坂内がメニューを監修した冷やしラーメンが期間限定で発売された[9]

2015年に、発祥の店である食堂「いしやま」と道の駅あいづ 湯川・会津坂下で家庭用商品を発売している[7]

東海地方[編集]

静岡県志太郡藤枝市焼津市島田市)では、水で締めた麺に酢の入っていない甘口スープの「冷やしラーメン」を提供する店もある[10]。発祥は不明だが、1919年創業の「マルナカ」では戦前から冷やしを提供していたという証言がある[11]

1978年寿がきや食品が「冷しラーメン」を発売し、以後、東海エリアでは夏の食事として多くの人々に愛されている[12]

鳥取県[編集]

鳥取市のご当地ラーメンに素ラーメンがあるが、鳥取市役所食堂では夏季限定のバリエーションとして出汁、麺を共に冷やしてゴマ油を効かせた「冷やしラーメン」が販売される[13]。なお、スープは冷やしたうどんの汁となる[13]

その他[編集]

  • 東洋水産寿がきや食品では、インスタントや生めんの冷やし中華を「冷しラーメン」という商品名で沖縄を除く全国販売している。
  • 2015年、2016年にはJapanese Soba Noodles 蔦が監修を行った「冷し醤油ラーメン」がサークルKから限定販売された[14]
  • 2017年から、夏になるとサッポロ一番がCMでサッポロ一番塩ラーメンのアレンジレシピ「冷やし塩ラーメン」などの作り方をCMや公式サイトなどで紹介している[15]

出典[編集]

  1. ^ 郷土料理 冷やしラーメン”. 山形市商工観光部山形ブランド推進課. 2018年6月26日閲覧。
  2. ^ a b 食べ物新日本奇行:いわゆる冷やし中華(その4)” (2016年7月24日). 2016年12月12日閲覧。
  3. ^ a b c d 夏の定番化する「冷やしラーメン」 なぜ山形県で誕生した?”. NEWSポストセブン (2013年7月13日). 2016年12月12日閲覧。
  4. ^ ラーメンミュージシャン井手隊長 (2016年7月24日). “1952年発祥の「冷やしラーメン」がいま大ブーム!激ウマ3選”. Suzie. 2018年6月20日閲覧。
  5. ^ 大崎裕史 (2017年8月11日). “「水ラーメン専門店」冬も続けるの? 冷やしラーメン今昔、元祖は「栄屋本店」”. ZAKZAK. 2018年6月5日閲覧。
  6. ^ a b 池田拓哉 (2015年11月17日). “スープと麺と涼味冬もOK”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW20151117070430001.html 2016年12月12日閲覧。 
  7. ^ a b c “会津坂下の食堂が冷やしラーメンの家庭用商品を発売”. 福島民報. (2015年5月4日). http://www.minpo.jp/pub/topics/hotnews/2015/05/post_1006.html 2016年12月12日閲覧。 
  8. ^ “【食物語・会津のラーメン(下)】 -西会津・会津坂下・北塩原編-”. 福島民友. (2016年5月22日). http://www.minyu-net.com/gourmet/syoku-story/FM20160522-077926.php 2016年12月12日閲覧。 
  9. ^ ローソン、有名店「坂内」監修の冷やしラーメン”. 日本経済新聞 (2011年7月8日). 2016年12月12日閲覧。
  10. ^ 島田信幸 (2018年6月5日). “朝ラーメン 静岡・藤枝 茶業者のニーズ根付く”. 毎日新聞地方版. 2018年6月5日閲覧。
  11. ^ 100年近く受け継がれる“朝ラー”聖地の温と冷 静岡県藤枝市の「志太系ラーメン」”. アットホーム (2016年3月29日). 2018年6月20日閲覧。
  12. ^ 今年で40周年!寿がきや「冷しラーメン」のアニバーサリーイベントがお得すぎる!”. オリコン (2018年5月29日). 2018年6月5日閲覧。
  13. ^ a b 憶良 (2018年4月4日). “市役所で誰でも食べられる「スラーメン」250円こそ局地的ソウルフードの代表格だ!「スラーメン」の実態に迫る”. ホットペッパー. 2018年6月5日閲覧。
  14. ^ サークルKサンクスから「蔦」監修の冷やし麺! ミシュラン一つ星の味を期間限定で”. 日経トレンディ (2016年6月7日). 2018年7月9日閲覧。
  15. ^ サッポロ一番フライ麺シリーズブランドサイト”. Suzie. 2018年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]