冷やしラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山形の冷やしラーメン

冷やしラーメン(ひやしラーメン)は、山形県郷土料理。日本の料理の一つ。その名の通り冷たいラーメンであり、スープも麺も冷たく、を浮かべることもある。冷やし中華とは異なり、通常のラーメンと同じようにたっぷりのスープに麺が浸されている。スープは醤油味が一般的で、冷やし中華のように酸味は強くない。 ラーメンスープを冷蔵庫で寝かせ、表面に固まった脂を取り除き、コクを出すために植物油を加えて作るのが一般的である。

なお、北海道では冷やし中華のことを冷やしラーメンと呼ぶこともある[1]。北海道限定で東洋水産マルちゃんブランドとして販売している「冷やしラーメン」も冷やし中華である[1]

歴史[編集]

山形県山形市本町のラーメン店「栄屋本店」の初代店主が、夏に冷たいラーメンを食べたいという常連客の要望で開発を始め、試行錯誤の末、1年かけて1952年に完成させた[2][3]

山形市は1933年7月に気温40.8度を記録し長らく日本最高記録だったほどであり、夏は暑い。温かいラーメンの需要は落ち、冷たい蕎麦からの発想で、ラーメンも冷たくなったのではないかと、ラーメン評論家の大崎裕史は推測している[2]

また、山形で冷やしラーメンが完成したのと同じ1952年に福島県会津坂下町でも「冷やしラーメン」が誕生している[4][5]。冬に食堂「いしやま」を訪れた、風邪のための高熱で食欲のなくなった女性にラーメンの麺を水で洗って食べさせたのが発祥とされる[4][5][6]

現状[編集]

主に山形市内のラーメン店で、夏場の季節限定メニューとして供されるが、通年販売している店もある。近年はメディアに取り上げられる事により知名度が上がり、県外のラーメン店やコンビニエンスストアでも販売されるなど、全国的な広がりを見せている。東洋水産や寿がきや食品では、インスタントや生めんの冷やし中華を「冷しラーメン」という商品名で全国販売(沖縄を除く)している。海外に出店しているラーメン店では、同じ麺を使用していることから、「冷やし中華」をCold Ramenという名称で出しているケースが多い。2011年にはローソンでも喜多方ラーメン坂内がメニューを監修した冷やしラーメンが期間限定で発売されたり、2015年には発祥の店である食堂「いしやま」と道の駅あいづ 湯川・会津坂下で家庭用商品が発売されたりした。

2017年には、サッポロ一番がCMでサッポロ一番塩ラーメンのアレンジレシピ「冷やし塩ラーメン」の作り方を紹介した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]