冬樹かずみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冬樹 かずみ(ふゆき かずみ、1955年11月7日 - )は、熊本県熊本市出身の作詞作曲編曲家音楽プロデューサー

人物[編集]

  • 遠藤実に見出され師事後、遠藤の推薦により猪俣公章に師事。
  • 遠藤実が発案した日本音楽作家協会の設立にあたり、猪俣公章・松井由利夫等と共に同協会の理事となり、設立以後は遠藤実・猪俣公章と共にチャリティコンサート等の企画等にも参加。
  • 現在は地元・熊本市の事務所兼自宅を本拠地として、香港・台湾・シンガポール等においても積極的に活動し、国台北大客教(SoundsArts)としても友好の一旦を担っている。

エピソード[編集]

  • 遠藤実および猪俣公章に曲作りのセンスを絶賛されたことを誇りに想い、家族に話したが信用されなかった。
  • 美空ひばり桂銀淑渡哲也等をプロデュースした根岸徹次の精鋭レーベル「エッグファクトリー」の設立に際し、ヘッドハンティングされたことでも知られる。
  • 山下泰裕(柔道家)と親戚にあたる。
  • プロダクション音和の鈴木社長との縁で世界的ギタリストである三根信宏ディック・ミネの息子)に一命を助けられた経緯があり、現在も公私共に親密な関係にある。

主な楽曲(抜粋)[編集]

  • 계은숙・桂銀淑」「내일에」「나를 사랑해 준다면」
  • 「ルナ・ケンゾー」にスタンダードとなった「夜風」(自由現代社 カラオケベストヒット掲載)
  • 「信濃路」「霧のペーブメント」(コロムビアレコード マキシシングル・アルバム)
  • 「三根信宏」(オリジナル曲提供。アレンジ担当)
  • 「福田きよし」(ふるさとは雪)日本クラウン・マキシシングル
  • 「村上幸子」 「恋椿」「不知火」他、オリジナル数曲提供。
  • 「島貫操」 「幸せのかたち」「希望の歌」
  • 「杉本彩」 「ウィスパー」「ルージュ」
  • 「城ケ崎夕子」 「かくれ宿」「風花岬」
  • 「佐藤智恵」 「道(みち)」(作詞:石本美由紀)
  • 「三條由紀」 「今、ひとり」「追いかけて」
  • 「森川美里」 「数えて三月」「夢の架け橋」
  • 音羽しのぶ 」「冬木立ち」「終わりのない旅」
  • 「原田由香利」 「漁り火」「北の恋路」
  • 「天草大工郎」 「北の怒涛」「男樹」
  • 「斉藤英子」 「奥州流れ風」「惜秋囃子」
  • 「沙耶」 「雨の都会」「夢の予感」
  • 「浅田のぼる」 「風の行方」
  • 「渡辺美里」 「悲しみのヒロイン」「抱きしめて愛」
  • 「佐藤章とウエルバランス」 「北の物語」
  • 香田晋 」「風はふるさとへ」 (作詞:阿久悠)
  • 「半田浩二」 「黄昏の中で」
  • 「山川豊」「ロスの街角」 (作曲:平尾昌晃
  • 「朝霧ゆう子」 「恋模様」
  • 「峰時子」 「酒ひとり」「雪の海峡」
  • 「石原ゆう子」 「キャンドルライト」
  • 「中田久美」 「鳴門海峡」
  • 「高須直」 「室見川エレジー」
  • 「高橋由美子」 「夫婦旅」「夫婦川」
  • 「水沢あけみ」 「雪の舞」「数えて三月」
  • 「弓恵子」 「花だより」
  • 「島みどり」 「哀愁北海峡」
  • 「いずみ しん」 「元気節」
  • 「鈴木はるか」 「別れの朝に」「月のしずくの花ひとつ」
  • 「RUMIKO」 「黄昏のリグレット」「哀しみの街」「愛愁北海峡」「ひとり海峡」
  • 「wēng qiànyù」「窓辺のアモーレ」」「去り行く夏」((自現楽譜掲載)
  • 「河合かすみ」「白い冬」「虹色の夢」(作曲:三木たかし)
  • 「河合かすみ」「いつまでも愛」「雨のピアノ」(作詞:阿久悠)
  • 「ERIKA」 「潮風のバラード」「満ち足りた午後」
  • 香田晋 」「都会暮らし」(作曲:三木たかし)
  • 「幸娟蕙」 「異国風」「擁抱」 (作詞:葉啓志)
  • 「風間翔」 「霧雨の行方」「都会(まち)」
  • 「葵ひろこ」 「晩秋風の宿」「あなたとともに」
  • 「邱秋英」 「台北風少」「鳳凰樹」
  • 「小林幸子」 「夢ひとすじ」「愛のために」(作詞:川内 康範)
  • 香田晋 」「時雨宿」
  • 「峰政矢」 「雨のピアノ」
  • 「羽矢川有紀」 「恋模様」
  • 「愛河美沙」 「漁里ケ浜唄」「冬のはじめの港町」「思い出の東京」他。
  • 「紀藤ひろし」 「灯りがひとつあるならば」
  • 「小林幸子」 「陽炎」「雪化粧」
  • 「光 礼」 「流離人」「晩秋の里」
  • 「上村ひとみ」 「哀しみのリグレット」「思い出をだきしめて」
  • 「近江隼人」 「幸ありて」「弓の月」「俺の道」

その他 多数。

著書[編集]