円通寺 (荒川区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
円通寺
Entsuji.JPG
境内
所在地 東京都荒川区南千住1-59-11
位置 北緯35度44分2.42秒
東経139度47分34.28秒
山号 補陀山
宗派 曹洞宗
本尊 聖観音菩薩
創建年 伝・791年延暦10年)
開基 伝・坂上田村麻呂
文化財 彰義隊戦死者の墓(都史跡)
法人番号 6011505000288
テンプレートを表示
黒門

円通寺(えんつうじ)は、東京都荒川区南千住にある曹洞宗の寺院。山号は補陀山。本尊は聖観音菩薩

歴史[編集]

この寺は寺伝によれば、791年延暦10年)坂上田村麻呂によって開かれたと伝えられる。明治維新の折、1868年慶応4年)に行われた上野戦争で亡くなった彰義隊の隊員を現在上野公園西郷隆盛像があるあたりでこの寺の住職が火葬を行っている。

そのため、この寺には火葬を行った場所の近くにあった上野寛永寺の総門(黒門)が移築され、亡くなった彰義隊の隊員の墓もある。

また、1963年3月に発生し、1965年7月に解決した吉展ちゃん誘拐殺人事件の被害者の遺体発見現場となったことでも知られる(敷地内に被害者の慰霊地蔵がある)。

文化財[編集]

  • 東京都指定史跡
    • 彰義隊戦死者の墓

所在地[編集]

  • 東京都荒川区南千住1-59-11

外部リンク[編集]