八沢木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八沢木駅
やさわぎ
YASAWAGI
羽後大森 (2.3km)
(3.1km) 二井山
所在地 秋田県平鹿郡大森町上溝(現・横手市大森町上溝)
所属事業者 羽後交通
所属路線 横荘線
キロ程 23.0km(横手起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1928年(昭和3年)11月1日
廃止年月日 1966年(昭和41年)6月15日
備考 横荘線部分廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

八沢木駅(やさわぎえき)は、秋田県平鹿郡大森町上溝(開業時は旧・平鹿郡八沢木村上溝、現・横手市大森町上溝)にあった羽後交通横荘線(旧・横荘鉄道)の廃駅)である。横荘線の部分廃線に伴い1966年(昭和41年)6月15日に廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1928年(昭和3年)11月1日 - 横荘鉄道羽後大森駅 - 二井山駅間延伸開通に伴い開業[1][2][3][4]一般駅[4]
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 鉄道会社名を羽後鉄道に改称。路線名を横荘線に制定。それに伴い羽後鉄道横荘線の駅となる[1][2][5]
  • 1946年(昭和21年)夏 - 国鉄から借入のC12形蒸気機関車C12 229号機牽引の老方駅発試運転列車が浮蓋駅発車後に過速暴走、当駅手前で停車する[6]
  • 1947年(昭和22年)7月23日 - 豪雨による路盤および橋脚損壊により横荘線全区間運休、当駅も営業休止となる[3][7]
  • 1948年(昭和23年)11月8日 - 運休区間(舘合駅 - 老方駅間)が復旧、当駅も営業再開となる[3][7]
  • 1952年(昭和27年)2月15日 - 鉄道会社名を羽後交通に改称。それに伴い羽後交通横荘線の駅となる[1][2][3][5]
  • 1965年(昭和40年)
    • 7月9日 - 水害による雄物川橋梁橋脚洗掘により舘合駅 - 二井山駅間運休、当駅も営業休止となる[8][3]
    • 10月21日 - 舘合駅 - 二井山駅間が正式に営業休止となり、当駅も休止駅となる[3]
  • 1966年(昭和41年)6月15日 - 舘合駅 - 二井山駅間部分廃線に伴い廃止となる[1][2][3][5]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった[6]。ホームは線路の北西側(老方方面に向かって右手側)に存在した[6]。そのほか側線として、本線横手方西に分岐し駅舎東側に至る行き止りの側線を1線と、本線老方方から東に分岐しモーム南側に至る行き止りの側線を1線有していた[6]

職員配置駅となっていた[4]。駅舎は構内の北西側に位置し、ホーム北側部分に接していた[6]

駅周辺[編集]

旧・八沢木村の中心部から遠い、村域の南側をかすめたような場所に位置した[6]

駅跡[編集]

2007年(平成19年)5月時点では羽後交通バスの折返場となっていた[3][5]

隣の駅[編集]

羽後交通
横荘線
羽後大森駅 - 八沢木駅 - 二井山駅
かつて羽後大森駅と当駅との間に上溝駅が存在した(1931年(昭和6年)8月21日開業、廃止年月日不詳(1964年(昭和39年)以前)[6][注 1])。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行、222ページより)では、廃止日は未記載で、書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 2 東北』(監修:今尾恵介、新潮社、2008年6月発行、43ページより)および書籍『私鉄の廃線跡を歩くI 北海道・東北編』(著:寺田裕一、JTBパブリッシング、2007年9月発行、165ページより)では、1966年(昭和41年)6月15日(廃線日同日)とする。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 2 東北』(監修:今尾恵介新潮社2008年6月発行)43ページより。
  2. ^ a b c d 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)222ページより。
  3. ^ a b c d e f g h 書籍『新 消えた轍 3 東北』(著:寺田裕一、ネコ・パブリッシング2010年8月発行)25-28,30-31ページより。
  4. ^ a b c 書籍『私鉄の廃線跡を歩くI 北海道・東北編』(著:寺田裕一、JTBパブリッシング、2007年9月発行)165ページより。
  5. ^ a b c d 書籍『私鉄の廃線跡を歩くI 北海道・東北編』(著:寺田裕一、JTBパブリッシング、2007年9月発行)82-85ページより。
  6. ^ a b c d e f g 書籍『RM LIBRARY 61 羽後交通横荘線』(著:若林宣、ネコ・パブリッシング2004年9月発行)6,11,25ページより。
  7. ^ a b 書籍『RM LIBRARY 61 羽後交通横荘線』(著:若林宣、ネコ・パブリッシング2004年9月発行)16-17ページより。
  8. ^ 書籍『RM LIBRARY 61 羽後交通横荘線』(著:若林宣、ネコ・パブリッシング2004年9月発行)19-20ページより。

関連項目[編集]