八幡社駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

八幡社駅(はちまんしゃえき)は、かつて愛知県岡崎市にあった、名古屋鉄道岡崎市内線

伊賀八幡宮の最寄り駅であり、参拝客の利用が多かったという。

概要[編集]

  • 岡崎市内線の岡崎井田 - 康生町間は単線であった。八幡社駅には交換施設が設けられ、相対式2面2線のホームであった。ただし道路との併用軌道上で、安全地帯は設けられなかった。
  • かつては有人駅であり、駅舎も設置されていたという。

歴史[編集]

その他[編集]

  • 駅跡は現在の名鉄バス「八幡社前」停留所付近。
  • 伊賀川には、岡崎市内線の鉄道専用橋梁の橋脚が現存し、水道橋・ガス橋の橋脚として再利用されている。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
岡崎市内線
伊賀町駅 - 八幡社駅 - 神明社駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1951年時点は休止中。1954年に復活。

関連項目[編集]